日々撮り散らかし。

日々撮り散らかし、日々更新し散らかします。使用カメラはPENTAX K-1。写真は雑食、スナップ・風景・ポートレート等まさに撮り散らかし。

団地

厚木の海老名団地ラスト。

一番最初に『さつき。』というタイトルでアップしたのが3月5日。厚木駅(海老名)の団地写真も今回で最後。一つの団地の写真でここまで引っ張っるってのもなかなかだ。写真を撮りためていないので小出しにしているってのもあるんだけど、団地に対する思いが…

モンスター。

昨日、子供たちの遊び場が高齢者に奪われているというニュースを読んだ。 ヤフーのトップにあったから読んだ人もいるだろうか? ざっくり内容を説明すると子供たちはコロナを持っているから遊ばれると困る。声がうるさくて健康に影響する。そんな理由で子供…

サファリ。

だだっ広い団地内の脇にこんな動物を放った大人たちのセンス。 全く子供にこびてない表情がたまらない。

団地の表情。

団地の表情とは形状もそうだけど、人々の暮らしと時間の経過によって生まれるものだと思っている。特にベランダ側は南向きにあることが多いので、その表情が色濃く出ていて好きだ。

バランス。

今日も引き続き厚木駅にある団地で、その商店街の中の写真。 こういう商店街のある団地をみると凄くワクワクするのは、当時を勝手に想像して想いを馳せる事が出来るからだ。 住む人が居なくなり、需要と雇用とバランスが取れなくなった途端、シャッター街に…

きのこだと思っていた。

今の今まで、ずっときのこという先入観を持って現像していたんだけど、ブログに貼り付けてちょっと客観的に見えた時、初めてこれはメロンだと気がついた。 そんな魅惑な団地遊具の個性が好きだ。 下に置かれた椅子もまた、きのこと思わせる要因を助長してい…

開花したらしい。

桜の時期に来てみたいななんて思った海老名団地水路にあった桜の木。 桜と団地なんてもう想像しただけでいい感じだ。そんな風にシャッターを切った。 ただ実際に桜の開花の知らせをうけた今、改めて海老名に行くのは遠いななんて思ってる。 だって海老名遠い…

えびな団地。

昨日予告した通り、今日の写真は厚木駅にあるえびな団地(ややこしいな)。 広々とした余裕ある敷地に建っているので青空がよく似合う。

厚木の駅から。

最初タイトルに厚木ってつけたんだけど、厚木駅って海老名市にあるって知った。 てっきり厚木にいるつもりだったのに海老名だったとは。 確かに団地名はえびなではあったけど、表参道に青山って名前がつく建物があるのと同じくらいに思っていた。 一つ前のブ…

想い出の団地にて。

昨日の話だけど、ちょっと用事があって前の職場の方に出向いた。 場所は表参道。 表参道自体行くことはたまにあっても、前職場の付近を歩くのはかれこれ1年半ぶりだろうか。 そこで8年働いていたので、色々感慨深いものもある。 変わったところ変わってない…

団地の花。

一枚目のパブリックな花は別として、団地に咲く花はその飾られ方が個性的だ。 ベランダ外出しは1階の強みか。 こいつは置き方が潔く、 こうなると共有部分の無断使用。 これなんかもう、どういうつもりなのか。 こういう乱立した個性が団地を彩る。

多摩ニュータウンスナップ。

鎌倉街道を神奈川方面から車で走らせると、日本最大規模のニュータウンを横断することになる。多摩ニュータウンだ。夕方に走ると西陽に照らされたその街は20世紀後半の情緒みたいなどこか懐かしく温かいものを感じさせてて、何度か後ろ髪引かれる思いで通過…

今年最後の団地撮り散らかし。

目まぐるしく時間は過ぎていってあっという間に今年も終わろうとしている。 にもかかわらず時の流れが早すぎるせいか、年末という実感を感じず28日に仕事を納めた。この時期に年末を感じないと、人として何か大切な気持ちをどこかに落としてきてしまったよう…

みなさん、さようなら。

今日のタイトルは団地を題材にした映画のタイトルからきたもの。 一人の少年を中心に団地の時代背景を描いた、好きな映画の一つ。 映画では団地に理想を持って人が集まり、時代とともに離れていくまでが描かれているんだけど、その後に残されているのは取り…

向こう側の写真。

撮りたいものがあってもそこにフェンスや障害物、もしくはそこに入ることがモラルに反する場合、手前から撮らざるをえない場合がある。 そうした時、どうしても邪魔なものが写り込んだりするんだけど、場合によっては逆にそれがいいアクセントになることがあ…

チェキ団。

知り合いに多摩ニュータウンを案内してもらった。 ハッセルを持ってくるって事だったので対抗してチェキを持ち出した。 チェキを職場で写メったという雑な複写ではあるけれど、今日の写真はその時撮ったものから何枚かを。 チェキで団地。タイトルは髭男っぽ…

都内廃団地。

都心某所の廃団地。 蔦に侵食されていく様がたまらない。 そろそろ取り壊されるだろうな。

団地に想いを寄せて。

世田谷区の一角にまた一つの役割を終えた団地があった。 前回の団地同様、この団地も取り壊しが決まっているらしく、すでに住人はいない。 ただの廃墟としてじゃなく、その部屋の数だけ生まれたであろうドラマを想像するとなんだか儚くもあり、どこか勇まし…

節目を逃す。

昨日のブログの投稿で投稿数がちょうど1,000だったらしい。 そういった節目を逃しがち。 ブログ日数は864日、合計アクセス数は479,309、コメント数1,182、総スター数59,338なんだそうで。いつもどうもありがとうございます。 そして記念すべきでもない1001回…

大井競馬場付近に団地を求めて。3

昨日までの残り。

大井競馬場付近に団地を求めて。2

自分的にさほど思い入れもない場所なんだけど昨日の続き。 今まで、また今度続きでも書こうって言うと、たいていそのまま忘れて埋もれてしまっていたから。 という事で八潮パークタウン撮り散らかしだ。 規模感くらいは伝わるだろうか。 さほど思い入れもな…

大井競馬場付近に団地を求めて。

先日知人に誘われて品川にある団地に行ってきた。 品川区の端っこにあり、京浜運河と東京湾に挟まれた土地に12000人もが住むという八潮パークタウンという場所だ。 ここがどういう場所なのかはよくわからなかったけど、URや都営の建物が集まった集合住宅地だ…

終わりをむかえる。

最近車で帰っている最中、家からほど近い場所に団地がある事に気がついた。 調べてみるとすでに廃団地で一週間後の連休明けに解体作業が始まるらしい。 すごくギリギリのタイミングで無くなる前に気づいて良かった。 さっそくMamiya 645を持って写真を撮りに…

ウサギとゾウ。

足の速いウサギと足の遅いゾウが山のふもとまでかけっこの勝負をする。 おそらく勝者は踏まれでもしないかぎりウサギだ。 いくら道中サボったとしても、さすがにゾウの巨体の通過に気づかないほどウサギも馬鹿ではないだろうから。 ただ実際この遊具で勝敗が…

チェキ de 団地。

巷では今密かにチェキが熱い。 って、俺が勝手に流行らせているだけだけど。 以前、フォトコンでチェキをもらったという記事を書いたんだけど、いい年した男が緑色の可愛らしいチェキをぶら下げて歩くのもどうかと思うので、新しく買い直した。 色は黄色。こ…