日々撮り散らかし。

日々撮り散らかし、日々更新し散らかします。使用カメラはPENTAX K-1。写真は雑食、スナップ・風景・ポートレート等まさに撮り散らかしです。

個展やろうぜ。

f:id:hibi-mae:20170414103101j:plain

写真展「ファーストアルバム」〜銀杏BOYZ川島小鳥と池袋パルコ〜より

 

当ブログをいつも見に来てくれてる方々は、やっぱり写真を撮ってる人が多いのではないだろうか? 正直な所は分からないけど。

 

そんな写真を撮ってる人達の頭の片隅には個展をやってみたい!みたいな願望もどこかにあったりはしないだろうか?多少そういう憧れあるよね。いや、俺はある。

 

でも正直個展は性に合わない。アウトプットするという目的はとてもステキな事だけど、自分らのような無名な素人写真の個展なんて、せいぜい集客は知り合いばかり。一生懸命知人に告知して、頑張って搬入して飾り、在廊しても知り合いが遊びがてら顔を出してくれて会話をする程度の場で、偶然立ち寄って自分の写真ごときを見入ってくれるなんて事はほぼないだろう。

自分がぱっと誰かの個展に行ったってそうだ。どなたのお知り合いですか?なんて聞かれる事もあるのだから、本当来るのは知り合いばかりなんだと思う。

知り合いにお披露目をする場と考えるならいい場所だけど。

 

でもせっかく写真発表の場を設けるなら、知らない人にこういう写真を撮りますという感じで見て欲しいはずだ。 

 

理由は場所にあると思う。自分ら素人が個展を出せる場所なんてせいぜい限られていて、特に審査もなく、お金を払えば誰でも、なんならスマホで撮った様な写真だって飾れるような所ばかり。

やっぱり沢山の人が行き交い、気軽に立ち寄れるような施設等でやらない限り、新たな集客なんて見込めない。

 

だけどやっぱり個展を開くって凄く大切な事だとも思う。

その展示の中にコンセプトを用いる。それって今までダラダラとブログに写真をアップする行為とは違って、改めて自分の写真、被写体に対する捉え方を考え直すきっかけにもなる。目的があると物事の見方、捉え方も違ってくると思うのだ。

 

前置きが長くなったけど、そんな中面白いサイトを見つけた。

読者の人が書いてて知っただけだけど。

 


もの凄く気軽だ。そのくせ個展をやるという企画性も変わらず、知らない人にも見てもらえ、多少の評価もして頂ける。

自分もさっそくお試しで廃屋写真をまとめてアップしてみた。

 

ただ残念なことに始まったばかりのサービスだからか、あまり利用者も多くはない。

それでもコンセプトをもって、自分の写真を集めるというのは色々考えさせられて、とてもいい事だと思うので気になったら試してみてはどうだろう。

 

1枚から10枚まで展示でき、2週間開催できます。無料←ここ大事。

共に気楽な個展仲間になりましょう。