日々撮り散らかし。

日々撮り散らかし、日々更新し散らかします。使用カメラはPENTAX K-1。写真は雑食、スナップ・風景・ポートレート等まさに撮り散らかし。

PENTAX k-1

待ち時間の使い方。

先日バイクの修理に行ってきた。 直したのはメーターだ。 だけど直してすぐに寒くなったからまだ14kmしか乗っていない。 メーターが直ったおかげで14km乗ったという事だけは分かった。 実はもう何年も距離メーターが止まっていたので、ちょっと新鮮だ。 今日…

表と裏。

地元に帰ったときに撮った、一本の木。 住んでた時はこんなところに木がある事に、気にも止めてなかった。 ギャグとかじゃないよ。 表と裏でこんなに見え方って変わるもんなのね。 道路側にだけ見せるその姿勢、気に入ったよ。 木だけに。

焼けた夜空。

電車を降りて振り向いた時、空が焼けていた。 こういう時に普段からカメラを持っていてよかったと思う。 使用頻度はかなり少ないけども。

七五三。

昨日、知人に頼まれて七五三を撮ってきた。 正直そういった頼まれごとは初めてだし、大事な行事の記録なんかを俺に頼んで良いのかとも思ったし、そもそもだけど七五三がどんなものかもよく分からなかったんだけど、でもまぁいい経験になるかもしれないと引き…

東京タワーのある風景。

東京のシンボルはどんなに後から細長いのが立とうとも、やっぱりこれだと思う今日このごろ。今ほど建造物が高くなかったALWAYS 三丁目の夕日の時代はさぞ感動を与えたんだろうなぁ。今でこそ当たり前にそこにあるけど、61年も前からあるなんて本当すごい事だ…

ワンショット。

ナンガってところのダウンの寝袋を買ってみた。 ダウンは温かいのはもちろんのこと、何よりコンパクトになる。 それが一番の購入理由で、大きさは手元にある箱ティッシュと同じくらいといえばイメージしやすいだろう。 そして先日、その寝袋を持って秋キャン…

いつも見る景色。

仕事の日はいつもこの景色を見ながら、タバコを吸う。 天候や空の色、肌で感じる湿度や気温などをこの場で感じながら毎日を過ごす。 赤坂という場所にいながらも、わりと五感で日々の変化を感じれる場所となっている。 ここで「今日寒いっすね」とかで始まる…

待ちわんこ。

地元北見でスナップした1枚。 ご主人さまの帰りを二匹おとなしく、見つめながら待つ姿にほっこり。

天に続く道。

北海道は道東の斜里町に天に続く道ってのがあるのはご存知だろうか。 31mmだとその道がよく伝わらないんだけども。 トリミングするとこんな感じだ。 要するに空まで道が伸びているのである。 この道の良さを写真で伝えられないのは完全なる装備不足。 撮りに…

光の角度。

写真とは光が織り成す表現というのは今更なところなのかもしれないんだけと、写真を撮っているせいか、どうしても光差すものに目が惹かれる事がある。 というのも前回のオホーツク海の太陽もそうだけど、その光には常に変化があって時間と共に変化する。時間…

オホーツク海にも行ってきた。

日本でも北海道の道東のみ面している海、オホーツク海。 それだけでもちょっと価値がある気がする。 やたらと風が強く、海のうねりが力強い。台風のせいだけど。 どんよりとした雲の隙間から射す光がすごく印象的だった。

硫黄山と摩周湖と。

前回の屈斜路湖の続き。 台風が接近していた関係で、全部の写真が曇天ではあるんだけど、それがなんだか逆に荒々しくちょっと日本かどうかすら分からない写真になった。 この屈斜路湖、硫黄山、摩周湖は一日で回れる場所にあるのでオススメだ。

屈斜路湖、白鳥と温泉と。

道東にはこんなに良い所がたくさんあるよと声を大にして言いたいんだけど、そういう角度から写真を撮っていなかったため、どうしても哀愁が漂ってしまう自分の写真。 でもわりと閑散としているのは事実で、それはきっと広大すぎる大地にて、見て回る所が多す…

森の中の廃バス。

まだまだ北海道帰省の話。 屈斜路湖周辺を探索中、森の中に廃バスを見つけた。 赤く染まりかけた葉の中に、置き去りにされたバスに哀愁を感じつつ、 少しだけ乗車し、思い出を共有してみた。 ホテルのバスということで、ここに乗ってた人はさぞ楽しかったん…

道東、屈斜路湖。

地元北見を含む道東(北海道東側をそう呼ぶ)にはたくさんの見所があると思う。 主要の街でいうと、北見・網走・釧路・根室・帯広あたりが道東で、有名所でいうと知床がそれにあたる。 もちろん人にもよるけれど、ここで育った俺は車で数百キロ運転するくら…

美幌峠とFA31mm F1.8 Limited。

今回の帰省は風景も撮るだろうと思い、常用使いのFA43ミリではなく、少し広めの31mmを持って帰った。 10月20日。台風が静岡に上陸しようとしていた頃だろうか。 帰省したこともあってうまく逃れ、寒空の曇天ではあるものの少し弟子屈方面に回ってみた。今日…

変わる街、変わらない街。

週末の連休、久しぶりに地元北見で過ごした。 去年の春グリュック王国に行ったため、北見には立ち寄ったものの、ちゃんと帰るのは3年ぶり。 北海道の東側にある北見は、特に観光地があるわけでもなく人に説明してもピンと来る人はあまりいなかったんだけど、…

純喫茶と喫煙。

三軒茶屋にある、いわゆる純喫茶のセブンという喫茶店。 家からほどよく近いので、三軒茶屋で時間がある時に時々立ち寄るお店。 店内もほどよくクラシカルで居心地がいい。 そういえば今年に入って長年吸っていたタバコをアイコスに変えた。 アイコスは匂い…

団地に想いを寄せて。

世田谷区の一角にまた一つの役割を終えた団地があった。 前回の団地同様、この団地も取り壊しが決まっているらしく、すでに住人はいない。 ただの廃墟としてじゃなく、その部屋の数だけ生まれたであろうドラマを想像するとなんだか儚くもあり、どこか勇まし…

野営。

アメトークでキャンプ芸人やっていたらしいね。 見てなかったんだけど、友達とバイクで川に行って野営してきた。 大きな石が転がる川辺にテントを張ってのんびりと。 写真は数枚しか撮ってなかったんだけどね。 釣りに来てたおっちゃんが、鮎をくれたからそ…

路上の超熟。

パンよりは断然ご飯派の俺だけど、パンの中では超熟が好きだ。 トーストした時の表面のカリッと感と、中のしっとりもちもち感のバランスがいい。 先日歩いていると駐車場の隅に置き去りにされている超熟を見つけた。 別に拾って食べようと思ったわけではない…

偶然のバランス。

ふとした時に絶妙なバランスで置かれた人工物を発見することがある。 おそらく意図されていないそれは、次出会った時にそのバランスを保っているかも分からなければ、そのもの自体も存在しているかも定かではない。 まさしくそれはその瞬間を切り取るという…

台風一過。

起きて会社に向かっている時はまだ雨が降っていたんだけど、一時間もしたら青空が広がった。 ビルの隙間に見える、雲の流れの速さにドラマチックだななんて思った今日この頃。 明日バイクでツーリングしてこようと思う。

キャニオニングのこと。

キャニオニング行こうぜって言われて、現地に着くまで何も調べずに行く人もあんまりいないと思うんだけど、そのあんまりの中の一人が俺です。 とはいえ写真は1枚もありません。 なぜならキャニオニングという行為は、荷物の持ち込みが不可能。 よく分からず…

フルカラー コスモス。

先日キャニオニングの帰りにコスモス畑に立ち寄った。 カメラを持って花の密集地に行くのは実に久しぶりだったんだけど、行ってみるとテンション上がるね。 花を撮る際、電柱は敬遠されがちだけど、日々撮り流で言えば電柱が効いていると思っている。

モノクローム コスモス。

増税とか関係なく月末で定期が切れて、昨夜買っておかなきゃと思ったんだけど、列をみて諦めた。今日買おう。

地についてなお。

週末群馬の山でキャニオニングっていうのをやってきた。 こんなちっとも水が恋しくもない時期に、何を好き好んで冷たい水に入り流されなければならないのか。なんていう風には思ったんだけどつい行くって言った手前、渋々ついていった。 まぁ結果楽しかった…

早起きした。

窓開けてパンツ一枚で寝てるともう寒い。 窓の外を見て秋を感じた。

写真はその時のテンションが大事だ。

実は9月2度目の三連休の時、珍しく3日とも写真を撮りに行った。 写真を撮りに行くというというのは6月ぶりだったのでなんだか久しぶりで、初日はカメラ繋がりの人たちと、初めて「昭和記念公園」という所にいった。 自分の周りで写真を趣味にしている人は、…

暗がりのラーメン屋。

立川に行った時ぷらっと入った、ネットでは評価の高めのラーメン屋、鏡花。 なんか店内が薄暗く、演出がかって雰囲気はいいんだけど、あまり好みじゃなかった。 一人ひとりの席の前にスポットライトがあり、暗がりの中どんぶりを浮き上がらせる仕様になって…