日々撮り散らかし。

日々撮り散らかし、日々更新し散らかします。使用カメラはPENTAX K-1。写真は雑食、スナップ・風景・ポートレート等まさに撮り散らかし。

SNAP

帰り道。

ここに向こうから電車が入線して来たら完成するんだろうな、なんて思いながら現像をした。

雪景色。

東京は明日の夜から雪なんだそうで。 道産子なのでどっちでも大丈夫。

好きな景色。

好きな場所はどこですかと聞かれたら脳裏によぎるのは数箇所だ。 一つは熊本のやまなみハイウェイ。 そしてもう一つが今日の写真の場所、瀬戸大橋のふもとだ。 どれくらい好きかというと瀬戸大橋開通記念500円メダルを所有しているくらい好きだ。 熊本のやま…

廃屋と湯呑。

朽ちた閉鎖空間の中でも湯呑があると急に生活感がでる。 それによって湧き出る感情はおそらく受け手によって様々で、 うちのおとんは湯呑を多用していたので湯呑に対する距離は近い。 でも実家ではなく現状湯呑を使っている家庭ってどれくらいいるんだろう。…

雪解けの町。

今年は記録的な暖冬とのことで、雪も少ないらしい。 東京に住んでいると雪に関してはピンとは来ないけども。 生活していくなかで寒いのは辛いけど、やっぱり冬は冬らしくあってほしいよね。

穏やかに晴れた日の。

水にちなんだ2枚。

公園の水たまり。

撮影地:滑り台しかない公園

転落。

晴れ男なはずだったんだ。 令和になったあたりから、出かけるたびに何かしらの試練を与えられるようになった。 船に乗れば波はシケり、キャンプをすれば台風の直撃や極端な寒波が訪れ、 久しぶりに箱根に行ってみたらトンネルの先は白銀の世界に包まれていた…

営業中。

休業した店内に虚しく立てかけられた営業中の看板。 朽ちただけでこんなにも乱れるものなのか。

タイのバイタクに乗りながら撮り散らかし。

オリンピックのアジア出場3枠を争っているU23アジア選手権。 昨日の試合をもって、日本は散々な結果で敗退した。 この選手権はタイで行われていて、前ロシアW杯で日本を率いた西野監督は 現在タイの監督に就任。そのタイは今大会決勝トーナメントを決めた。 …

心変わり。

生きていると自分の中での感情の変化っていうのは当たり前にあると思うんだけど、それは写真に対しても同じことが言える。 以前、これはイイって自分の中で自賛していた写真も改めて見てみると、魔法が溶けたかのごとくその写真に対してよく思えないようにな…

とりとめもない撮り散らかし。

昨日アップしようとしたら、サッカーU23の試合が始まってしまい、アップしそびれた。今日の写真はなんのカテゴリーにも属さない、消化的な日々撮ったものの散らかしフォト。 純喫茶フォト。 食品サンプルってだけでレトロさを感じるってことは、減ってきてい…

すずめ。

2年前の写真を眺めていたらコイツと目が合ったのでアップしてみる。 野生のスズメは2〜3年生きると言われているけどほとんどが1年以内に亡くなってしまうんだってさ。そう考えたらこの子は今年どころか令和をむかえてすらいないのかもと思うとちょっと寂しい…

雨の日のベランダ。

記憶が正しければ今日雨が降れば、東京では初雨となるはず。 雨が嫌いとは言わないが、寒い日にさす傘は嫌いだ。

かくれんぼ。

本気かふざけているのか分からないけれど、これで隠れているつもりらしい。 とある団地でのかくれんぼ。

あけましておめでとうございます。

特にこれと言って何もせず時間が過ぎ、明日から仕事。 そのくせブログすら更新せず、しょうもない自分です。 新年最初の写真は、ブログをアップするためにさっき窓から撮った今日の日没写真と、年末に撮った室内干しの写真。 今年もこんなゆるさではあります…

今年最後の団地撮り散らかし。

目まぐるしく時間は過ぎていってあっという間に今年も終わろうとしている。 にもかかわらず時の流れが早すぎるせいか、年末という実感を感じず28日に仕事を納めた。この時期に年末を感じないと、人として何か大切な気持ちをどこかに落としてきてしまったよう…

みなさん、さようなら。

今日のタイトルは団地を題材にした映画のタイトルからきたもの。 一人の少年を中心に団地の時代背景を描いた、好きな映画の一つ。 映画では団地に理想を持って人が集まり、時代とともに離れていくまでが描かれているんだけど、その後に残されているのは取り…

蚤の市スナップ。

連日団地の写真ばかり上げてたら、お前のブログは団地ブログかよなんて勘違いされてしまいそうなので、ちょっと前の写真になるけど蚤の市のスナップ写真を上げてみる。 インテリアやキッチン系の雑貨はわりと好きな方で、いいと思ったものはすぐに衝動買いし…

向こう側の写真。

撮りたいものがあってもそこにフェンスや障害物、もしくはそこに入ることがモラルに反する場合、手前から撮らざるをえない場合がある。 そうした時、どうしても邪魔なものが写り込んだりするんだけど、場合によっては逆にそれがいいアクセントになることがあ…

喫煙所から。

喫煙所からの写真を送るのはこれで二度目だ。 雨の日はしぶきが当たり、寒い日は風に凍え、晴れた日は直射日光に焼かれる会社の喫煙所。 でも、どこよりもここで季節を感じ、一年を通して一番居る屋外がここだ。 先週撮った写真の木の葉は今週にはすっからか…

カメラコミュニケーション。

昨日の流れみたいなもんなんだけど、今日の写真もmamiya RB67で撮ったもの。 この1枚だけ単独でアップしたのは、思い入れがあるとかそういうのではなく、昨日のアップから漏れていただけなんだけどね。 場所は世田谷線のホーム。 3kgあるので滅多に持ち出さ…

1/10。

770円(現像代)+880円(デジタルスキャン)+110円(CD代)=1760円。 これがよく行く現像屋でかかる金額だ。 そして現像に出すフィルムがブローニーだった場合、 自分の持っているMAMIYA RB67だと撮れる枚数が10枚。 要するに1枚あたり176円。 さらにフィ…

最後の1枚。

久しぶりにフィルムで写真を撮ろうと思ってPENTAX MXを持ち出した。 とはいえ新しくフィルムを装填したわけではなく、もともと入っていたフィルムを使い切っただけなんだけどね。 前回使ったのは数ヶ月も前で、フィルム残数も数枚。 あっという間に撮りきっ…

ど真ん中。

歩行中目に止まり、脇道奥まで入って撮った1枚。 錆びついたシャッターのど真ん中に置くこのセンスこそ、俺の好みど真ん中だ。

紅葉。

歩いてる時横目に見えた公園の木。 絵の具で着色したような葉のつき方に、最近水彩を描いてないことを思い出した。 たいした公園ではないけれど、それでもいろんな子供の成長を見守ってきたのだろうか。

白黒。

いわゆるモノクロではなく、白と黒が強調されてる絵。 1枚目のはそのへんの靴屋を外から撮ったもの。 2〜3枚目は東京国際フォーラム。友達のお母さんにプレゼントしようと立ち寄った相田みつお展以来の二度目でこの建物を目的として来たのは初めて。ポートレ…

初冬の雨。

この季節の雨を時雨(しぐれ)という。 俳句では冬の季語だ。 写真も俳句のように1枚の写真でメッセージが伝わるとステキだと思う。

0度のキャンプ。

予報通り寒気が入り込み、極寒の中でキャンプをすることになったんだけど、昼からバーベキューに合わせて味噌汁を作り、夜はチゲ鍋というように温かいものをとりながら過ごしていたら、案外寒くなかった。 前回と似たような写真だけど今回の写真は週末に撮っ…

気の迷い。

週末は低気圧の関係で真冬の寒さが訪れるそうだ。 しかも雨がふり、場所によっては雪になるなんて予報も出てる。 そんな中、何を間違えたのか明日からキャンプに行ってくる。 今年もキャンプのし納めだ。 冬の装備、ないんだけどね。 思い返せば今年のキャン…