日々撮り散らかし。

日々撮り散らかし、日々更新し散らかします。使用カメラはPENTAX K-1。写真は雑食、スナップ・風景・ポートレート等まさに撮り散らかし。

FA31mm F1.8 Limited

近所の桜っぽいやつ。

ソメイヨシノが今にも開花しそうな今日このごろ。 いや、もしかしたらもう咲いているのかもしれないけど。 別に写真を撮りたい的な待ち遠しさは相変わらず微塵もなくて、それよりもただ寒い季節が終わる春というものに対する待ち遠しさ、それを象徴するのが…

四国カルストてっぺん。

前回に続き天狗高原。 特に語ることはないというか、いや、凄いいい場所で今となっては思い出深いんだけど、特に説明するまでもなく、ここの良さってのはしっかり写ってるなーって。 ここは星もきれいなんだとか。

四国カルスト。

四国カルストの天狗高原は高知と愛媛の県境にある高原。 なんか岩がゴロゴロしてるのが気になって仕事のロケで候補地に上げたほど。 採用されなかったけど。 この写真に写っている小屋の麓でコーヒーを淹れて飲んだのは今となってはいい思い出だ。

高知市、海の方。

再び高知から。 晴天の中、海の方をプラプラと。 少しこの地を感じ、山へと向かう。

都内のダンジョン。

鐘ヶ淵付近で道に迷った時の路地写真。 方向音痴を楽しんだ過去。

高知の夜、撮り散らかし。

時系列飛びまくってるけど、高知の夜。 まぁ、飛びまくるってほど間もなくタイと高知は一週間以内なんだけど。 とりわけ気に入った写真があるってほどでもないんだけどついでだから消化。

ヤヴァイものを見た。

前回に続きタイの事。 そもそもタイに行った目的は特になくて、写真撮りたくてとかそういうのでもなかったので、撮影枚数自体もそんなに多くなく、ただ現地を感じながらブラブラしてた。しいて言えば川でぼーっとしたかったくらいだ。 現地でちょっと気にな…

そういえばタイも行っていた。

タイからの高知だったんだ。 今日の写真は、とりあえずタイに着いて駅から見下ろした写真。 時間がないのであっさりですみません。

高知の海を感じる時。

もう去年になるけど高知に行ってきて、それで全都道府県制覇となった。 高地が最後に残った理由はやはりアクセスの悪さだ。 陸路だと時間がかかるし、空路となるとわざわざファーストチョイスにはならない。 制覇のための最後の地という意味で感慨深いものが…

濃霧。

露出を間違えたせいだろうか。 奇跡的に白い背景に浮かぶ小舟。 こんな景色の中一人舟を漕ぐって孤独だろうな。 あ、手抜きじゃないよ。写真が白いだけ。 本日一泊にて福岡に行ってます。 仕事でね。

植田正治写真美術館[内観]。

一月くらい前に植田正治美術館の外観写真をさらっとアップしたんだけど(下記リンク参照)、当然中も入ったわけで。植田正治さんの写真を楽しみながらも、撮影可能範囲でちょろっと撮った。 外観もさながら内部ももちろん素敵な場所だ。 ここで一周。 おまけ…

時間不足なので。

先週から連日、長時間労働のため予約更新してたんだけど、 夜中の更新すらあまり時間がないので、しばらくの間お休みします。 というのは嘘で、そんな中でも我が散らかしサイトは、たまに抜けがあろうとも日々散らかしてます。 今日の写真はもしかしたら重複…

喫煙所にて春を待つ。

新しい今の職場は喫煙所が非常階段にあるおかげで、 タバコを吸うときは常に外気にさらされる。 階段があるので雨にこそ直撃することはないもののとにかく寒い。 おかげで今年の冬は例年よりニット率が多かった。 今日の写真は2月のとても寒い日に撮ったも…

表と裏とおまけと。PENTAX MX ✗ FA31mm F1.8 Limited

PENTAX K1のレンズにFA43がつくようになってから、もう何ヶ月も経っている気がしてたけど、購入日が去年の11月18日だそうで、まだ3ヶ月と経っていなかった。 そこからカメラにずっとつけっぱなしになっていて、FA43mmで撮影してLightroomに取り込んだ枚数は…

好きな一枚。

photo 高知市 普段は縦構図で写真を撮ることも少ないんだけど、久しぶりに撮ってぐっと来た一枚。 こんな写真の何がいいのって思われそうな一枚かもしれないけど、このデザインされたような潔さがなんか好きだ。 最近はほぼ平日更新なんだけど、なんせ今日仕…

タコ助は影を残す。

時々見かけるこのタコ助の絵、誰がどんな意味で書いているのか。 いたずら書きは違法なんだろうけど、ストリートアートってそういうミステリアスなところがちょっと好き。 ここにも居たんだよね。 フォトドキュメンタリー。 - 日々撮り散らかし。 まだどこか…

環境汚染。

汚れすぎだろ。相模ダム。 上を歩けそうだ。 サッカーアジアカップを見たことによって時間を消失。 反省。 いや仕方ないけども。

植田正治写真美術館。

植田正治写真美術館に行ってきた。 というのはもうかなり前の話。 本当建造物としてものすごくかっこよくて、ただ写真に収めるだけでもうっとりしてしまうこの建物は鳥取にある。 ので遠いのだ。 鳥取と言っても、鳥取市についたらたどり着けるというもので…

最後の1日。

2018年も最後の1日。 仕事納めをしてから掃除とかしてたら、普通にこの日を迎えた。 きっとこんな普通の日を後数日過ごし、4日から働くのだろう。 それでは良いお年を。

誰そ彼時。

とある休日、たまには家で寝溜めでもしようかとダラダラしていたら、だらけ過ぎて体がだるくなった。窓の方に視線を向けるとベランダに程よい西日が差していて、ちょっと出かける気になったのがすでに午後4時過ぎ。 外で淹れれるコーヒーセットを持ち、バイ…

魔性の味。

嗅覚で訪れる純喫茶はだいたい当たる。 60年代、写真が記録からアートへと変化した時代にカメラを握っていた人が、平成も終わろうとしてる今、ここでコーヒーを淹れていた。 そんな話を聞くだけでコーヒーがちょっと美味しく感じた。 魔性の味 カフェオンリ…

12月に入ったね。

冬が来たのかな?本来ならば、今日の更新が月イチポートレートの日だって自分の中で思ってたんだけど(月初めって勝手に決めてる)、写真の現像が追いつかなかったので明日きっと月イチポートレートです。 今日は埋め合わせで、まだ暑かった秋の初めの1枚か…

展開図。

川崎のとある場所に、上空からみたら八角形のバラック長屋が存在する。 亀甲マーケットというらしく気になったので行ってきた。 マーケットとはいえ、とてもマーケットとは言えないような入り口がこちらの写真だ。 ほんのりやっている店もあるっぽいけど、大…

玉造温泉と宍道湖にも行ってきた。

出雲大社の帰り道。なんの前情報もないまま、どうせ泊まるなら温泉地にしようって思って撮った宿が、鳥取にほど近い島根にある玉造温泉。 平日だからか案の定ひと気がなく、静けさが染み入り、だけどそれがちょっとおかしくて心地よい。全然知らない場所だっ…

出雲大社も行ってきた。

何に対して、「も」なのかって話もあると思うけど、鳥取・島根に行った時の件。 正直ほんと鳥取・島根には大して期待もしてなかったんだけど、行ってみるとすごくいいところで。スピリチュアル的なことって信じてないんだけど、ここは実に神々しいというか神…

井の頭公園の秋。

おそらく今年最初で最後の紅葉の写真は近場の井の頭公園で済ませた。 急に秋を通り越して冬が近づいている気がする。

鐘ヶ淵その③。

そういえばこの日鐘ヶ淵を歩いている時、小学校に出くわした。 墨田小学校というらしい。確か平日の月曜日。 だけど生徒どころか人が一人もいない。 改めて調べてみると、10年以上も前に廃校になっていたらしい。 というか、かりにも23区内の墨田小学校。統…

鐘ヶ淵その②。

前回、タイトルに迷宮という言葉を選んだ所以は、数多いトタンの家と狭い路地にあった。このご時世、更には東京という土地でトタンが密集した住宅地というのはどことなく非現実的で、昭和に迷い込んだ気がしたからだ。 今日はそんな路地を中心とした写真たち…

鐘ヶ淵という迷宮。

タイから帰ってきてまだ10日たらず。 まだ余韻も抜けきってない最中、東京でバンコクを感じる事が出来た街、鐘ヶ淵。 北千住から程遠くないこの場所は、ぷらっと散歩するには面白いところだった。 友人とぷらっと撮り歩こうとカフェで待ち合わせてたんだけど…

鳥取県白壁土蔵群。

なんか最初どこに行ったかも忘れ適当なタイトルつけたけど、ブログを公開している責任と、見てくれる人たちの為にもちゃんと調べたよ。 鳥取県は倉吉市ってところにある白壁土蔵群ってとこらしい。 こうやって見返すと、鳥取・島根、タイ、高知と続いたけど…