日々撮り散らかし。

日々撮り散らかし、日々更新し散らかします。使用カメラはPENTAX K-1。写真は雑食、スナップ・風景・ポートレート等まさに撮り散らかし。

FA31mm F1.8 Limited

廃れた鉱山。

ここ連日本当に猛暑続きで、日本のあちらこちらで暑さによる悲鳴が聞こえてくる。 東京都もおそらく同じ様に暑いんだと思うんだけど、実はあまり気温は見ておらず、なんとなく連日あっちーなーなんて思いながら過ごしている。 寒いならそれ相当の厚着対策と…

コーラが好き。

連日、超が付くほどの猛暑をふるってるけど皆さん大丈夫でしょうか? 俺は案外大丈夫です。 これでもかってくらい汗を書いたら逆に開き直ります。 なんならどこか清々しさすら感じます。 凄く汗をかいて飲むコーラが好きです。息が詰まる位ごくごく飲んで、…

モクモク村のけんちゃん。

モクモク村のけんちゃんって知っているだろうか? 俺も幼い頃過ぎて断片的にしか記憶に無いんだけど、改めて調べてみるとどうやら英語教材だったようだ。紙芝居的な絵と音声が入ったカセットテープのセット。 兄がいるんだけど、兄は過保護に育ったのか、長…

電気の線。

ぷらぷらと写真を撮り歩いていて、何もないようなら上を見上げてみよう。 きっと何かある。 って電線ばかり並べてみるとちょっと不思議だ。

黄昏どきの海の声。

相手の顔がよく見えなくて「誰(た)そ彼(かれ)」という時間帯。 映画「君の名は」で、ちょっと話題になった言葉だ。 3連休初日、黄昏時には海にいた。海と言っても海に遊びに行っていたわけではなく、ただ海のそばをその時間走っていただけだ。 陽が刻々…

廃線。

栃木県にあった廃れた線路。 廃線に鉄線とか、 錆びついた踏切警報機とか、 使われていないトンネルとか、なんとも趣があるのだが、今あらためて色々調べてみると、この線路はあまりいい歴史をたどってはいないようである。 そういう影も含め、嫌いじゃない…

1ピース。

なんかよく分からない植物がディスプレイされている場所に、ちょうどよく自転車がはめ込まれていた。タイヤがパンクしているのは坂道で転がっていかないようにだろうか。そこまでしてでもこの場に自転車を置きたがったここのオーナーにセンスを感じた。

校則。

先日府中郷土の森博物館にある学校で撮ったもの。 関東近郊で写真を撮る者からはそれなりに有名な場所。 今知ったんだけど、来月からこれらの建物内でのモデル撮影は禁止、園内でのモデル撮影も身分証明書と申込書が必要になるそうだ。 おそらくカメラ人口が…

自由が丘の二面性。

週末財布を買いに自由が丘に行ってきた。 ぞくにおしゃれと知られる街だけど、ただおしゃれなだけではなく、お年寄りも共存していて、程よくちょうどよく、どことなく不思議な街だ。 結局お目当の財布は持ち越しになった。

商店街。

暖簾のセンターに、シンプルに一番と書いていて、横にはカブ。 絶好のスナップ店構えだ。 あまり頼りにならなさそうで、もしかしたらいざって時はすごく知識に長けているのかもしれないし、そうじゃないかもしれない薬屋さん。 書店の一部。引きでも撮ってお…

ん?って感じの写真。

昨日の仕事終わり、飯を食っての新宿での帰り道。 上を見上げると、高島屋側面の窓の灯りに「ん」って書いてあって、「ん?」てなった。 偶然か、はたまた意図したものなのか。 その真相は調べてみたけど分からなかった。 そんなどうでもいい記録の共有。

敗戦。

4年間待ちわびた自分の中のワールドカップが今朝終わった。 もちろんワールドカップ自体は終わってないし、この後だって面白い対決カードはあるんだけど、それでもやっぱり自国に対する熱の傾け方とは違う。 正直終わった直後しばらく寝付けなかった。 それ…

ランドリーガール。〈PENTAX K1×月イチポートレート〉

右に習うじゃつまらないという反骨心から始めた月イチポートレート。 今回は自分のスナップでも撮りがちなコインランドリーを舞台に撮ったんだけど、実は今、一部でコインランドリーはインスタ映えすると地味に流行っているんだとか。 天の邪鬼なので、もは…

喪失感。

昨日なんの疑いもなくワールドカップ、ドイツ対韓国の試合をみていた。 疑いもなくというのは、当然ドイツががどんな勝ち方をするんだろうって意味で。 後半30分を過ぎた頃から嫌な予感が脳裏をよぎり始めた。 後半35分、必死にそこからのドラマチックな展開…

ブックカフェ。

ついうっかり遅めの更新。 週末、久しぶりに近場のカフェ開拓をした。 隣駅からほど近いカフェ。家から歩いてもそんなに遠くない場所にありながら、なんとなく気にかけてはいたものの、行ったことがなかった。 実際に行ってみると、なんともまぁ落ち着いた雰…

地方スナップ。

凄く気になる建物があって、そこに続く道は関係者以外立入禁止だった。 猫は関係者なのかもしれないと思った。 実は最近花の写真をまとめてブック化しようかと思っている。 花の写真は撮らないと思われがちだからだ。 昨日に引き続き栃木のスナップ。

雨の週末。

柵や塀から飛び出して咲く花が好きだ。 植えた人が本来は望んではない、ひねくれた咲き方が目に留まる。 こういった写真は晴天だろうと、雨が降っていようと構わないのだろう。 でも強いて言うなら自分はあえて水たまりを入れた。 そうすることでただ花を写…

合わなかったピント。

うちの我がPENTAXがお馬鹿なせいか、それとも自分の腕のせいか、ピントが合わないことが多々ある。(確認しない自分のせいは大いにある) それでもこうやってアップするのは、これはこれで嫌いじゃないから。 デジタルで撮ったんだけど、このピントの外しっ…

反省。

前記事のやつ、3人の写真をアップしたけど実は全部自分ですよーっていうオチをつけるつもりだったんだけど、知人から「どうみても全部maeさんやん」って突っ込まれた。 ちょっとした遊び心のつもりが。。。 ま、まぁそれだけ見てくれてるという事で、ありが…

関東梅雨入りの知らせ。

本日いよいよ東京も梅雨入りが発表された。 ここ近年ではわりと明確な梅雨入りだったような気がする。 今日は久しぶりにタイムリーフォト。 さっき弁当を買いに行った時撮った一枚。 写真を撮るものにとって、この雨の時期をどう捉えるか。 俺はきっと普段と…

もう一つのドイツ。【中札内農村休暇村「フェーリエンドルフ」】

以前紹介した「グリュック王国」とほど近い場所に、もう一つのドイツがあった。 中札内農村休暇村 フェーリエンドルフという場所だ。 ここはけっして廃村ではない。ドイツ伝統木組様式のフェーリエンハウスが建ち並ぶこの場所は長期滞在型の休暇・保養施設な…

北の大地のドイツ、グリュック王国に行ってきた。【その4 (景趣回想)】

窓から外を眺めると、北の地らしいコントラストのある空に、重厚さ際立つ建物が目に入り、まるで異国にいるかの様な錯覚をおこす。 程よい気候が作り出すそよ風が頬を撫で、スピーカーから流れるオーケストラの楽曲はややチープではあるものの、どこかちょっ…

北の大地のドイツ、グリュック王国に行ってきた。【その3 (探索)】

前回の続き。 なんだかんだ奥に行くに連れて異国感が増してきた。 そして突如現れたこの空間。この装飾と朽ち感は芸術だと思った。 以前はここで何かしら盛り上がりを見せていたんだと思うとどこか物悲しい。 イエモンのPV「バラ色の日々」もここで撮影され…

北の大地のドイツ、グリュック王国に行ってきた。【その2 (突入)】

昨日の続き。 侵入方法がしのびないものの、昨日の入り口から入ってみた。 ここからは読んでる人の期待に反しているかもしれない。 のであまり期待しないでね。 自分では勝手に魅惑な世界を想像していたんだけど、あくまでもただの廃墟。 強いていえば、館の…

北の大地のドイツ、グリュック王国に行ってきた。【その1 (到着)】

北海道は帯広の地に、ドイツをモチーフとしたテーマパーク、グリュック王国がある。 北海道の東の地最大のテーマパークであり、小学校の頃、夏休みが終わるとここのお土産なんかを貰ったりした。自分の家は自営業だったこともあってか、そういう場所に無縁で…

海兵の闊歩する街。

神奈川県は横須賀市。 横浜の隣にあり、同じ横がつくものの、似ているようで全く似ていない横須賀は、どこか米兵色がとても強い。 今日はそんな横須賀に行った時とりとめもなく、そして例外なく散らかしたスナップフォト。

幻の橋、タウシュベツ川橋梁に行ってきた。

さんざん焦らしてごめんなさい。 そろそろクレームが来そう、いやむしろさほど気にされてないかもしれないけれど、タウシュベツ川橋梁に行ってきた。 タウシュベツ川橋梁、どこにあるか分かるかな?そう、我が出身地北海道。GWという観光シーズンに北海道に…

ゴールデンウィークに行ってきた。

5月3日、ややぐずついた空の中、飛行機で飛び立った。 機内では自分でひとり歩き出来ないおばあちゃんを、客室乗務員がしっかりと両手をひいて歩いていた。その中で突如エアポケット。座っているだけでもキモを冷やすような直下が起き、おばあちゃんを抱えた…

たまご比べ。

やれ有精卵だやれ地鶏だなんて、実際何も言わず調理されて食卓に並んだ時、気づく人はどれだけいるのだろうか。 少なくとも俺は気づかない部類だと思う。決して味音痴だとは思っていないが。 でもたまごの味を感じるにはゆで卵が分かりやすいのだとか。 とい…

浅草花やしきに行ってきた。

今週のお題「ゴールデンウィーク2018」 ゴールデンウィーク、東京都は台東区浅草にある花やしきに行ってきた。 国産初、現存日本最古のローラーコースターがあり、最初の開園は1853年だ。 遊園地といえば花やしきだよね!なんて今の時代にそんな事を言う人は…