日々撮り散らかし。

日々撮り散らかし、日々更新し散らかします。使用カメラはPENTAX K-1。写真は雑食、スナップ・風景・ポートレート等まさに撮り散らかし。

FA31mm F1.8 Limited

最後の1日。

2018年も最後の1日。 仕事納めをしてから掃除とかしてたら、普通にこの日を迎えた。 きっとこんな普通の日を後数日過ごし、4日から働くのだろう。 それでは良いお年を。

誰そ彼時。

とある休日、たまには家で寝溜めでもしようかとダラダラしていたら、だらけ過ぎて体がだるくなった。窓の方に視線を向けるとベランダに程よい西日が差していて、ちょっと出かける気になったのがすでに午後4時過ぎ。 外で淹れれるコーヒーセットを持ち、バイ…

魔性の味。

嗅覚で訪れる純喫茶はだいたい当たる。 60年代、写真が記録からアートへと変化した時代にカメラを握っていた人が、平成も終わろうとしてる今、ここでコーヒーを淹れていた。 そんな話を聞くだけでコーヒーがちょっと美味しく感じた。 魔性の味 カフェオンリ…

12月に入ったね。

冬が来たのかな?本来ならば、今日の更新が月イチポートレートの日だって自分の中で思ってたんだけど(月初めって勝手に決めてる)、写真の現像が追いつかなかったので明日きっと月イチポートレートです。 今日は埋め合わせで、まだ暑かった秋の初めの1枚か…

展開図。

川崎のとある場所に、上空からみたら八角形のバラック長屋が存在する。 亀甲マーケットというらしく気になったので行ってきた。 マーケットとはいえ、とてもマーケットとは言えないような入り口がこちらの写真だ。 ほんのりやっている店もあるっぽいけど、大…

玉造温泉と宍道湖にも行ってきた。

出雲大社の帰り道。なんの前情報もないまま、どうせ泊まるなら温泉地にしようって思って撮った宿が、鳥取にほど近い島根にある玉造温泉。 平日だからか案の定ひと気がなく、静けさが染み入り、だけどそれがちょっとおかしくて心地よい。全然知らない場所だっ…

出雲大社も行ってきた。

何に対して、「も」なのかって話もあると思うけど、鳥取・島根に行った時の件。 正直ほんと鳥取・島根には大して期待もしてなかったんだけど、行ってみるとすごくいいところで。スピリチュアル的なことって信じてないんだけど、ここは実に神々しいというか神…

井の頭公園の秋。

おそらく今年最初で最後の紅葉の写真は近場の井の頭公園で済ませた。 急に秋を通り越して冬が近づいている気がする。

鐘ヶ淵その③。

そういえばこの日鐘ヶ淵を歩いている時、小学校に出くわした。 墨田小学校というらしい。確か平日の月曜日。 だけど生徒どころか人が一人もいない。 改めて調べてみると、10年以上も前に廃校になっていたらしい。 というか、かりにも23区内の墨田小学校。統…

鐘ヶ淵その②。

前回、タイトルに迷宮という言葉を選んだ所以は、数多いトタンの家と狭い路地にあった。このご時世、更には東京という土地でトタンが密集した住宅地というのはどことなく非現実的で、昭和に迷い込んだ気がしたからだ。 今日はそんな路地を中心とした写真たち…

鐘ヶ淵という迷宮。

タイから帰ってきてまだ10日たらず。 まだ余韻も抜けきってない最中、東京でバンコクを感じる事が出来た街、鐘ヶ淵。 北千住から程遠くないこの場所は、ぷらっと散歩するには面白いところだった。 友人とぷらっと撮り歩こうとカフェで待ち合わせてたんだけど…

鳥取県白壁土蔵群。

なんか最初どこに行ったかも忘れ適当なタイトルつけたけど、ブログを公開している責任と、見てくれる人たちの為にもちゃんと調べたよ。 鳥取県は倉吉市ってところにある白壁土蔵群ってとこらしい。 こうやって見返すと、鳥取・島根、タイ、高知と続いたけど…

鳥取を散らかしたやつ。

仕事を辞めた翌日からタイに飛び、帰国後すぐに高知へ行き、なんだかんだと忙しくしている毎日。昨日久しぶりにゆっくりする時間が出来て、鳥取の写真が手付かずだったことを思い出した。 この時は鳥取、島根へと足を運んだんだけど、今振り返っても悪い街で…

とりあえずの高知。

ちょっと更新が遅くなっちゃったけど、高知から帰って来た。 今日はとりあえずのご報告までに。 別に観光目的で高知にいったつもりもないけれど、行っちゃうよね。桂浜。 普段銅像の写真とか撮らないけど、龍馬さんに限っては。 まだ鳥取島根の整理も終わっ…

テーブルフォト。

今日タイから帰って来た。 色々考えさせられることもあったが、それはおいおい。 今日はいつの日か行った団地麓の喫茶店によるテーブルフォト。 PS.明日高知に行って来ます。 これでようやく全国制覇。仕事を辞めておいて全然まだゆっくりしていない 笑

表情のない人物写真③。〈PENTAX K1×月イチポートレート〉

表情のない人物写真終わり。 試しに撮ってみたものの表情が写っていない場合の印象というのは、イチ写真としては成立していると思うけど、その絵に対しての印象は撮り手であるゆえによく分からなかった。 もし良かったら感想を聞かせて欲しい。

表情のない人物写真①。〈PENTAX K1×月イチポートレート〉

今月の月イチポートレートはタイトルの通り、表情のないポートレート。 人物写真とはその表情、視線にチカラがあり、受け手はそこからモデルの感情やその人らしさを読み取ったりするものだと思う。 では表情が写ってない場合はどうか。 思いついたから撮って…

今日という日。

本日限りで今の会社を退職する。 そんな事はこのブログを読んでる人にはどうでも良いことだろうけど、それによって主に仕事中更新していたこのブログにも、おそらく何らかの影響が出ると思う。 なんで仕事を辞めるのか。 仕事中、気楽にブログをかけちゃう様…

遠出の帰り道。

どこか遠出の帰り道、東名高速に乗って東京へ向かっていたはずなのに、渋滞回避で降りたつもりが神奈川のどっかの団地の中にいた。 そんなおかしな寄り道をするのは団地好きならではで、その無計画さは自分らしさだと思う。 名前も住所も覚えていないこの場…

シンクロ。

昨日歩いていると電車高架下の壁の壁面に絵が描いてあるのに気がついて、写真を撮ってたんだけど、なんだろう。この人、凄く物悲しく感じる。顔が見えないからだろうか。 写真を撮っていると通行人が混ざり絵とシンクロした。この絵を書いた人はそこまで考え…

比奈駅。

昨日に引き続き、静岡写真。 富士市内にある比奈という駅だ。 たまたま通りかかり、なかなか雰囲気が良かったのでちょっと立ち寄ってみた。 この駅の何に引かれたかって、まずは小ぶりなサイズ。そして空に栄える赤い屋根。そこに主張のない「比奈駅」という…

工場に暮らす。

今日の写真は以前上げた「モクモク村のけんちゃん」の続編にあたるもの。 要するに7月に撮った写真だ。 元々工場が好きだというのは前回公言した通りなんだけど、別に赤白の煙突に魅せられてこの地を訪れた訳ではなかった。 場所は静岡県富士市。車で東名高…

東京ドイツ村スナップ。

千葉県袖ヶ浦にある、東京ドイツ村。 もうこの立地からして東京でもなければ、実際に足を運んでみると全くドイツでもないすごく中途半端なテーマパーク。 とはいえ行く機会があったからにはなんとなく写真は撮ってみた。 正直なところ、過去に書いた北海道の…

関心と無関心。

まだ暖かさが心地よかったとある日の夕方、 自分の目の前を散歩していた二匹の犬がすれ違う。 じゃれ合うのかと思いきや、一方は心ここにあらずだ。 最後はなんとなく心を許し、自分も含めた全員がそれぞれの方向へと散った。 そんな一期一会のワンシーン。

鳥取砂丘に行って来た。

前に書いた事があるかどうかは忘れたんだけど、あと3県で48都道府県制覇というところで、今回休みをとって鳥取・島根に行って来た。 鳥取といえば、鳥取砂丘。いや、むしろそれ以外知らなかったからなんとなくそれだけ目指して行って来た。初めて目にした鳥…

団地の切り撮り方③。

今回の団地シリーズには③もあった。 団地愛が伝われば幸いだ。

団地の切り撮り方②。

前回に続き団地スナップ。 場所は京王線つつじヶ丘駅周辺(前回も)。

団地の切り撮り方①。

過去に団地のフォトブックを作った事があり、カテゴリに団地ってのを追加してもいいんじゃないかって程度には団地を撮っている。 そんな団地撮り人が切り取ったスナップその1。 そう、このタイトルの付け方からして、要するに②がある。

トタンがはためく音を聞いたことはあるか。

今年は日本各地で多くの自然災害が起きた。 タンカーが関空連絡橋にぶつかったり、我が地元北海道では国内初のブラックアウトを味わったり。とはいえ遠い地に住んでいると、色々考えさせられることはあっても、今ひとつ実感が無かったりするものだ。 ところ…

デジタルなのに光線漏れ。

最近なんか一定の条件下で左側に白いモヤが映り込む。 おそらく陽が強い時に。 映らないときには映らない。 FA31mmが昔の設計だからかななんて思ったりもしたんだけど、今までそんなに写ってたかな?なんて思ったり。 これなんてもう完全に入り込んでる。 そ…