日々撮り散らかし。

日々撮り散らかし、日々更新し散らかします。使用カメラはPENTAX K-1。写真は雑食、スナップ・風景・ポートレート等まさに撮り散らかし。

黄昏どきの海の声。

相手の顔がよく見えなくて「誰(た)そ彼(かれ)」という時間帯。

映画「君の名は」で、ちょっと話題になった言葉だ。

 

3連休初日、黄昏時には海にいた。海と言っても海に遊びに行っていたわけではなく、ただ海のそばをその時間走っていただけだ。

 

f:id:hibi-mae:20180717170541j:plain

 

 

 

f:id:hibi-mae:20180717171206j:plain

陽が刻々と落ちていく中、なんとなく車を止めて立ち入った船着き場。

当然人は誰もいなく、海面の揺れに呼応する船のきしみ音。

 

落ちていく陽が相まって、なんとも寂しい世界を作り出していた。

でもなんかその雰囲気が心地よく、一人で少しの間海を眺めていたが、ものの数分で暗くなったので、地球の回転って早いな、なんてどうでもいい事を考えながらその場を後にした。

廃線。

栃木県にあった廃れた線路。

 

f:id:hibi-mae:20180713114001j:plain

廃線に鉄線とか、

 

 

 

f:id:hibi-mae:20180713114204j:plain

錆びついた踏切警報機とか、

 

 

f:id:hibi-mae:20180713114416j:plain

使われていないトンネルとか、なんとも趣があるのだが、今あらためて色々調べてみると、この線路はあまりいい歴史をたどってはいないようである。

 

そういう影も含め、嫌いじゃない自分がいるのだけど。

※場所は足尾銅山付近。

1ピース。

f:id:hibi-mae:20180712160738j:plain

 

なんかよく分からない植物がディスプレイされている場所に、ちょうどよく自転車がはめ込まれていた。タイヤがパンクしているのは坂道で転がっていかないようにだろうか。そこまでしてでもこの場に自転車を置きたがったここのオーナーにセンスを感じた。

通過電車。

f:id:hibi-mae:20180711232543j:plain

 

東京都、世田谷区環状七号線の道路を、普通に電車が通過する。

しかも環七の信号が青ならば、電車はちゃんと止まっているという、普通の交差システムだ。

 

それを遠目からの望遠で狙ってみた。

たまに望遠を持ち出してスナップすると面白い。

校則。

先日府中郷土の森博物館にある学校で撮ったもの。

関東近郊で写真を撮る者からはそれなりに有名な場所。

 

今知ったんだけど、来月からこれらの建物内でのモデル撮影は禁止、園内でのモデル撮影も身分証明書と申込書が必要になるそうだ。

おそらくカメラ人口が増えたことによる撮影者のモラルの欠如からきてるんだろう。

何年か前、ここでみだらな撮影があったとかで問題になっていた。

 

f:id:hibi-mae:20180710155814j:plain

 

 

 

f:id:hibi-mae:20180710155822j:plain

 

 

 

f:id:hibi-mae:20180710155835j:plain

ここで写真が撮れなくなる事自体別に困ることはないけれど、一部の悪行のせいで迷惑がられるのはなんだか寂しい限りだし、今後世の中、撮影という行為自体もっと窮屈になるのかもなとも思う。

自由が丘の二面性。

週末財布を買いに自由が丘に行ってきた。

 

ぞくにおしゃれと知られる街だけど、ただおしゃれなだけではなく、お年寄りも共存していて、程よくちょうどよく、どことなく不思議な街だ。

 

f:id:hibi-mae:20180709235559j:plain

 

 

 

f:id:hibi-mae:20180709235544j:plain

 

 

 

f:id:hibi-mae:20180709235535j:plain

 

 

 

 

f:id:hibi-mae:20180709235528j:plain

 

 

f:id:hibi-mae:20180709235848j:plain

 

結局お目当の財布は持ち越しになった。

商店街。

f:id:hibi-mae:20180706204423j:plain

暖簾のセンターに、シンプルに一番と書いていて、横にはカブ。

絶好のスナップ店構えだ。

 

 

 

f:id:hibi-mae:20180706204404j:plain

あまり頼りにならなさそうで、もしかしたらいざって時はすごく知識に長けているのかもしれないし、そうじゃないかもしれない薬屋さん。

 

 

 

f:id:hibi-mae:20180706204416j:plain

書店の一部。引きでも撮っておけばよかった。

 

そんな商店街を通過した時撮った数枚の写真。

ん?って感じの写真。

昨日の仕事終わり、飯を食っての新宿での帰り道。

上を見上げると、高島屋側面の窓の灯りに「ん」って書いてあって、「ん?」てなった。

 

偶然か、はたまた意図したものなのか。

 

その真相は調べてみたけど分からなかった。

 

f:id:hibi-mae:20180705174802j:plain

 

そんなどうでもいい記録の共有。

猫の呼ぶ街。

f:id:hibi-mae:20180704194004j:image

撮り鉄は無縁だと思っていたんだけど、向こうから猫がやってきたので撮ってしまった。

この電車、招き猫で有名な豪徳寺を走る世田谷線のイチ車両。東京では数少ない路面電車だ。

 

f:id:hibi-mae:20180704194419j:image

そして豪徳寺にはひくほどの招き猫がいる。それを写真映えとするかどうかはひとそれぞれだ。俺はあえて避けて撮ったけど。

 

 

f:id:hibi-mae:20180704195852j:image

どうやら井伊直孝が猫に近寄っていったら雨、雷が鳴り、濡れずにすんだというのが由来だそうだ。この日は雨とは縁遠いやたらと暑い日だった。先週末だけど。

敗戦。

4年間待ちわびた自分の中のワールドカップが今朝終わった。

もちろんワールドカップ自体は終わってないし、この後だって面白い対決カードはあるんだけど、それでもやっぱり自国に対する熱の傾け方とは違う。

 

正直終わった直後しばらく寝付けなかった。

それくらい悔しくあっけない終わり方をした。

 

今大会はベスト16まで行き、FIFAランク3位のベルギーに善戦した。

色々思うこともあるけれど、選手一人一人も特に今朝の試合では気持ちがこもっていた。

 

だけど実際の戦績は初戦10人になったコロンビアに1勝しただけだ。

次の4年後こそ夢をみたい。

 

f:id:hibi-mae:20180703115107j:plain

週末撮った世田谷の夕景

 

とりあえず代表を戦った選手たち、睡眠削って応援していた人たち、

お疲れさまでした。