日々撮り散らかし。

日々撮り散らかし、日々更新し散らかします。使用カメラはPENTAX K-1。写真は雑食、スナップ・風景・ポートレート等まさに撮り散らかし。

団地に想いを寄せて。

世田谷区の一角にまた一つの役割を終えた団地があった。

前回の団地同様、この団地も取り壊しが決まっているらしく、すでに住人はいない。

ただの廃墟としてじゃなく、その部屋の数だけ生まれたであろうドラマを想像するとなんだか儚くもあり、どこか勇ましい。

 

f:id:hibi-mae:20191011113607j:plain

 

 

 

 

f:id:hibi-mae:20191011113613j:plain

 

 

 

 

f:id:hibi-mae:20191011113617j:plain

 

 

 

 

f:id:hibi-mae:20191011113622j:plain

 

今回は一部だけをアップ。

また改めてアップしたいと思う。

 

 

PS.でっかい台風が近づいているようなのでみなさん気をつけて。

野営。

アメトークでキャンプ芸人やっていたらしいね。

 

f:id:hibi-mae:20191010000631j:plain

見てなかったんだけど、友達とバイクで川に行って野営してきた。

大きな石が転がる川辺にテントを張ってのんびりと。

写真は数枚しか撮ってなかったんだけどね。

 

 

f:id:hibi-mae:20191010000735j:plain

釣りに来てたおっちゃんが、鮎をくれたからそれも焼いてみたり。

 

 

 

f:id:hibi-mae:20191010002521j:plain

もともと人も居ない場所だったけど、日が落ちると更に誰も居なくなりキャンプサイトとはまたぜんぜん違う雰囲気を味わえた。

 

ツーリングキャンプは初だったんだけど、すべての道具がバイクに乗ったのには感動した。そのくせ写真撮り忘れたけど。

 

別に流行りに乗った訳でもないんだけど、自分の中でも完全にキャンプブームが来ています。

 

路上の超熟。

パンよりは断然ご飯派の俺だけど、パンの中では超熟が好きだ。

トーストした時の表面のカリッと感と、中のしっとりもちもち感のバランスがいい。

 

先日歩いていると駐車場の隅に置き去りにされている超熟を見つけた。

別に拾って食べようと思ったわけではないんだけど近づいてよく見てみると、中にはいっていたのはゴミだ。

 

しっかり角を作り、立方体として成立しているそのゴミをみて少し感心した。

だけどポイ捨てはダメだ。もうポイって感じでもないけども。

 

f:id:hibi-mae:20191008162414j:plain

 

 

 

 

f:id:hibi-mae:20191008162402j:plain

 

 

 

 

f:id:hibi-mae:20191008162408j:plain

残り2枚の写真はおまけの路上スナップ。

 

偶然のバランス。

 

 

f:id:hibi-mae:20191007134113j:plain

 

 

ふとした時に絶妙なバランスで置かれた人工物を発見することがある。

おそらく意図されていないそれは、次出会った時にそのバランスを保っているかも分からなければ、そのもの自体も存在しているかも定かではない。
まさしくそれはその瞬間を切り取るという写真の趣向にぴったりだ。
 
自分はそこにあるものを動かしてまで絵作りしようとは思わない。
その「偶然のバランス」を見つけ、なんかいいと思うのだ。

 

台風一過。

起きて会社に向かっている時はまだ雨が降っていたんだけど、一時間もしたら青空が広がった。

ビルの隙間に見える、雲の流れの速さにドラマチックだななんて思った今日この頃。

 

f:id:hibi-mae:20191004134355j:plain

 

 

 

 

f:id:hibi-mae:20191004134400j:plain

 

 

 

 

f:id:hibi-mae:20191004134406j:plain

 

明日バイクでツーリングしてこようと思う。

キャニオニングのこと。

キャニオニング行こうぜって言われて、現地に着くまで何も調べずに行く人もあんまりいないと思うんだけど、そのあんまりの中の一人が俺です。

 

とはいえ写真は1枚もありません。

なぜならキャニオニングという行為は、荷物の持ち込みが不可能。

 

よく分からず現地について、初めてのウエットスーツに着替え、山の中を歩き出す。

道中では幾度も川をまたぎ、その都度靴に水が入る。

 

f:id:hibi-mae:20191003112733j:plain

ウエットスーツって何のために着るのか知らなかったけど、あれは水の侵入を防ぐとかそういうものではなく、体の保護なんだね。10月にしては暑いとか言われている今日このごろだけど、ここは群馬の山の中。うすうす気づきつつも、冷たいのなんの。なぜこの夏が終わった頃にこんな誘いがあったのか。バカかと思った。

 

 

f:id:hibi-mae:20191003112744j:plain

で、キャニオニングとはてっきりボートに乗って場合によっては水しぶきを食らうくらいの自然の川遊びくらいに思ってたんだけど、山を登り、体一貫川に飛び込み、流されるというアトラクションスポーツのようで、好き勝手に自然に身を任せ弄ばれた。

 

 

 

f:id:hibi-mae:20191003112750j:plain

まぁなんだかんだ楽しかったんだけど、やっぱり水遊びは夏にするべきだ。

ぜひ興味がある人は「今」こそやって、同じ気持ちを味わってほしい。

 

写真はその時泊まったコテージより。

フルカラー コスモス。

先日キャニオニングの帰りにコスモス畑に立ち寄った。

カメラを持って花の密集地に行くのは実に久しぶりだったんだけど、行ってみるとテンション上がるね。

 

f:id:hibi-mae:20191002131602j:plain

 

 

 

 

f:id:hibi-mae:20191002131652j:plain

 

花を撮る際、電柱は敬遠されがちだけど、日々撮り流で言えば電柱が効いていると思っている。

 

 

f:id:hibi-mae:20191002132759j:plain

 

モノクローム コスモス。

f:id:hibi-mae:20191001092025j:plain

 

増税とか関係なく月末で定期が切れて、昨夜買っておかなきゃと思ったんだけど、列をみて諦めた。今日買おう。

地についてなお。

f:id:hibi-mae:20190929230956j:plain

 

週末群馬の山でキャニオニングっていうのをやってきた。

 

こんなちっとも水が恋しくもない時期に、何を好き好んで冷たい水に入り流されなければならないのか。なんていう風には思ったんだけどつい行くって言った手前、渋々ついていった。

 

まぁ結果楽しかったんだけど、そういう感想はさておき、群馬の山は木が横に向かって生えている箇所が多々あって、それって雪の重みによるものなんだという。

 

本来上に向かって生えるべきものが、横に向かってでも成長を続ける。

そんな強さが植物にはある。

 

この写真はその群馬に向かうために早起きして、眠い目をこすって駅に向かう途中撮った一枚。

 

駆け足で駅に向かう朝の時間のない中で、気になって撮るか撮らぬか迷いながら、それでも撮ったのは、おそらくこの角度で刺す光は普段では見られないと思ったからだ。

 

あと一分でも余裕があれば、もう少し光を背負って撮りたかった。

写真はその時のテンションが大事だ。

実は9月2度目の三連休の時、珍しく3日とも写真を撮りに行った。

写真を撮りに行くというというのは6月ぶりだったのでなんだか久しぶりで、初日はカメラ繋がりの人たちと、初めて「昭和記念公園」という所にいった。

自分の周りで写真を趣味にしている人は、よく撮りに行っているイメージがあって、どんなところかとちょっと期待していた部分もあったんだけど、実際に行ってみると自分の好みではなかった。

かつ、使用カメラがチェキだったので今この場でアップ出来るようなものも特にない。

 

 

f:id:hibi-mae:20190927154751j:plain

二日目は砂町銀座商店街。今日の写真はそこで撮ってたものなんだけど、振り返ってみるとそんなに写真を撮ってない。理由は人がそれなりに多かったということと、そんなに撮りたいと思うものがなかったからだ。結局カメラってこれがいいって思って撮らないと大したものも写ってなくて、その撮りたいっていうテンションが写真の方向を決めると思う。

 

f:id:hibi-mae:20190927171131j:plain

そう考えると撮りに行くぞって思って出向いても、撮りたいにつながるとは限らなくて、いかに心をニュートラルにしてその場に気持ちを傾けるかが重要に思う。

後は一緒にいる相手も重要だ。一人なら自分のペースで撮れるけど、複数人いた場合は歩幅や興味の共有が重要になってくる。

 

 

 

f:id:hibi-mae:20190927154801j:plain

結果3日とも撮りに出たわりに、凄く気持ちが乗ったのは3日目だけだった。

でも1日でも気持ちが乗ったのはまぁ収穫ともいえる。

 

ちなみに最終日行った所は団地だった。

今回でブログ900回目なので、自己紹介とか書いてみる事にする。

 

f:id:hibi-mae:20190920161932j:plain

 

気づけばブログもそんなに書いたか。

ってほど文章は書いてないけども。

今更ながらキリもいいのでプロフィールを書いてみようと思ったんだ。

 

 

 

 

フォトブログで今更お前の事なんてどうでもいいよってちょっとでも思った貴方、まずは仲良くしましょう。

 

さて、今更プロフィールっていっても何を書いていいのか分からない。

なので「ブログ」「プロフィール」で検索し、サクッと引っかかった人の書き方を思いっきり真似てみる事にする。

 

では改めまして。

 

 

f:id:hibi-mae:20190925172355j:plain



 

maeのプロフィール

 

○住んでるところ

東京都

 

○出身地

北海道

 

○仕事

グラフィックデザイナー

 

○趣味 (2019年9月現在)

カメラ・パスタ作り・旅・キャンプ・水彩画・映画鑑賞(主に邦画)・ベランダ菜園・ウイニングイレブンサッカーゲーム)・バイク・コーヒー ・DIY  などなどウエイト順に

 

○使用カメラ

PENTAX K-1(デジタル) MX(フィルム)※35mm

◎所持レンズ

・FA31mm F1.8 Limited ・FA43mm F1.9 Limited ・HD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limited ・smc PENTAX-DA☆55mm  ・smc PENTAX-DA55-300mm F4-5.8ED ・ smc PENTAX-FA 28-80mm F3.5-5.6 ・オールドレンズ2本ほど

 

◎mamiya ・RB67 ・645 ※中盤

チェキ

 

 

f:id:hibi-mae:20190920164156j:plain

 

多分人よりは多趣味なんだけど主にウエイトを占める趣味はカメラで、このブログのタイトルの通り、日々撮り散らかしていて、それをせっかくだからアウトプットでもしようってのがこのブログの初動。

使用カメラと所持レンズの所にそれっぽく数が並んではいるけれど、実際にはメインで使用しているK-1にFA43mmの単焦点をつけっぱなしで、なにか理由がない限り付け替えることなく、常にかばんの中に放り込まれていて、つけてないレンズはというと、2本くらいは部屋の床に常時転がっている。

 

どんな被写体が多いかというと、主にスナップ。あまり万人が好んで撮る被写体とは向き合わず、ニッチでも自分が感じた心地よいものや、気になったものを撮る。特に団地が好きだ。とはいえポートレートや風景も撮る雑食で、特にポートレートはタグで見てもらうとそこそこ撮っていたりもして、春に写真集も作ってみたりした。

 

撮り方としては理論よりも感覚派で、何よりも自分の気持ちよさを大切にしている。松風という相棒(バイク)を所有していることもあり、たまにそれにまたがって写真を撮りに行くことも。

 

あと、最近は少し作る頻度が減ったけど、パスタを作ることに情熱を注ぎ、それゆえに具を菜園までしてて、そのへんの店の味を超えることを目標にしている。

 

f:id:hibi-mae:20190925172800j:plain

その他に時々アップしている水彩画。

これは仕事でプレゼン資料を買いに行った時、レジ横に並んでいる画材に心くすぐられ、春くらいから始めてみた趣味。にじみ・抜き具合等描いても描いても反省が残り、まだ発展途中だ。

 

 

あ、そうそう。このブログには密やかな目標があって、身近にいる趣味カメラの人が、俺だと知らずにこのブログの存在を知り、いつの日か話した時に「そのブログ知ってる!」みたいな事を期待してたりするので、アファリエイトとか利益目的なものではない。そしてブログを通して巡り合ったご縁などもあったりするので、そこはすごく大切にしたいと思っている。

 

 

f:id:hibi-mae:20190920163601j:plain

冬に撮ってもらったやつ。

※上記の理由から誰かを明かさないためにそのうち写真は消すかも。

 

以上、そんな感じの今更ながらの自己紹介。

これからもブログは淡々と更新されていきます。

 

 

 

 

 

暗がりのラーメン屋。

立川に行った時ぷらっと入った、ネットでは評価の高めのラーメン屋、鏡花。

なんか店内が薄暗く、演出がかって雰囲気はいいんだけど、あまり好みじゃなかった。

一人ひとりの席の前にスポットライトがあり、暗がりの中どんぶりを浮き上がらせる仕様になっていて写真を撮るには面白いものが撮れそう。(そこまで考えて撮らなかったけど)

 

f:id:hibi-mae:20190925113115j:plain

 

味はいい風に言えば品のあるラーメン。

でも個人的にはラーメンに品は求めてなくて、ちょっと味に物足りなさを感じた。

ライスと共に頼む派の人は、相性が悪そう。

 

そして演出の方も、食いづらい暗さ。

完全に好みの分かれるところだけど、個人評価は☆2です。

チャオプラヤー川に行ってきた。

もうあれから11ヵ月経つのか。

タイに行ってから。

そのくせその時の現像はさほど進めていない。

 

まぁ俺って大体そんな感じなので仕方ないとして、ライトルームモバイルで見つけたタイの川の写真。ささっと現像してアップしてみた。

 

漠然とタイの川でのんびりしようなんて思ってたくらいのなんの目的もなく一人で行ったタイ。

 チャオプラヤー川ってのをよく耳にしてたので、そこを目指してみたんだ。

だけどあっちの観光客を相手にしてるタクシーやトゥクトゥクは、地図でここにつれて行けと指を指しても、そんなところには何もないからここに行けとタイの大仏がいる辺りを勧めてくる。

 

 

f:id:hibi-mae:20190920132328j:plain

 

けど俺からしたら何もなくはない、そこに川があるじゃないかという思い。

向こうからしたら親切心かもしれないんだけど、何人かに聞いても全くらちがあかないので、地元民しか使わなさそうなバイタクを拾って川を目指した。

 

 

 

f:id:hibi-mae:20190920132410j:plain

実際に着いてみると、確かに何もない。遊べるものは。

でも目の前には川がある。これがチャオプラヤー川かぁ。なんて思いながら川を見つめてぼーっとしたんだ。

 

 

f:id:hibi-mae:20190920132946j:plain

勝手にもっと情緒がある川かと思ってたけど、かなり近代的な場所だった。

でもそういうのも含め来てみて初めて感じる事だ。

 

 

 

f:id:hibi-mae:20190920133121j:plain

なぜかは分からないけど手に持っていた筆記用具でスケッチをしてその場を後にした。

 

タイの他の写真はまた今度。

本日は晴天なり。

わが町は一定の条件下で駅のホームから富士山が見える。

どういう条件かというと、冬のような空気の澄んだときだ。

 

よって湿度の高い時や、空気の汚い時、天気の良くない時は見ることが出来ない。

夏でも年に片手で数えれる程度見れる時があって、それは台風の後や全日が雨で翌日がスッキリした時など。

 

 

f:id:hibi-mae:20190919114424j:plain

 

ようするにそれが今日だったんだけど、やっぱり富士山ってのは日本人の心みたいなものがあって、それを見るだけでちょっと得した気分になる。

当然そんな日は、晴れてスッキリしているので終日なんだか心地がよい。

 

 

f:id:hibi-mae:20190919143910j:plain



今日の写真は先週末、キャンプの帰りに立ち寄った牧場の羊たち。

同じように晴れてたんだけど、むしろちょっと暑かったな。