日々撮り散らかし。

日々撮り散らかし、日々更新し散らかします。使用カメラはPENTAX K-1。写真は雑食、スナップ・風景・ポートレート等まさに撮り散らかしです。

Travel

リバーサイド。

どこだか場所もよく分からない京都の外れのリバーサイド。 GWで、京都という観光ざかり真っ只中のなか、こんな辺鄙な所にいたのは、川があったからに他ならない。

絵になる海岸。

程よく人がいない絵になる海岸。 海と海の間に砂州があり、そこに松が生えるこの場所は、天橋立。 そう、さりげなくGWの旅写真をぶちこんだ。 上から見るほど行きたい場所でもなかったんだけど、明らかに目視できる程側面を通過したので、せっかくだから寄っ…

裏の山北町。

昨日の続き、山北町裏編。 何が裏かって、表通りの商店街から奥の細道に入っていった時の写真。 アムロさんとの撮影記も今日で最後。 自分もアムロさんも魅惑の路地が好きだ。 普通の人ならなんでこんな所行きたがるの?っていう場所へぐんぐん進む。 今回の…

表の山北町。

アムロさんと旅に出たシリーズ(今何となくそういうシリーズにした)。 いよいよ終盤にやってきた。 今日は、アムロさんから提案があった山北町編。 さて山北町とはどんな町だろうか? とりわけどんな町ってわけでもないし、こんな町に好き好んで行くのはそ…

新幹線から見える場所。

東京から名古屋方面に向かう東海道新幹線の道中で、以前から気になっていた場所がある。車両左側に座っていると一瞬だけ視界に飛び込む丘の町。 これをいつの日からか目に入るたびに心の中で日本のアマルフィだと決めつけていた。 先週末アムロさんとの撮影…

日本海のボート。

シーズンオフによるものなのか、全くひと気のない汚れた浜辺に、置き去られたようにすら感じるボート。

伊根の舟屋の中道。

昨日の伊根の舟屋の続き。 ところで、中道なんて言葉あるの? 要するに舟着き場の道じゃなくて、中側の道だよ。って事。 伊根の舟屋の良さの一つに海の側面建造物って事の他に、木造ってことがある。 あの情緒あるステキな景観は木造によって作られていると…

伊根の舟屋に行ってきた。

京都のはるか北側、いわゆる京都とは程遠い場所に位置する伊根の舟屋に行っていた。ついフネのイナヤと言ってしまいそうになるが、舟が着く場所と思い返せば伊根の舟屋と正される。そんな場所。 実はここ前々から行ってみたかった。そしてとうとう行ってきた…

映り込み。

先日アップしたループ橋の帰りに忍野八海に寄ってきた。 この場所がどういう所なのかはよく分かってないんだけど、初めて足を踏み入れた観光地だ。 よく分かってなかった数分前の自分を戒め、軽く調べてみた。 ざっくりいうと富士山の雪解け水が地下の溶岩等…

山梨ループ橋。

山梨は南アルプス市にあるループ橋をご存じだろうか? 無駄な公共事業の象徴というやり玉に上げられ、もっとも高い農道と言われるほど普段使わないような場所に存在している。 それによって交通量が劇的に少ない。 ループ橋中心には何となく公園ぽい広場があ…

福井という県。

今回行ったことないという理由で向かった福井。 さほど回った訳でもないけど、何となく肌で感じてきた。 いきなり結論からいうと嫌いじゃない。福井。 住んでみてもいいかなーなんて思った。 まず福井市に入ったのはワンダーランドも見納め、そこそこ日もく…

東尋坊。

東尋坊に行ってきた。さらっと書いたけど前回の続き。 福井といえばって考えたら、何も思いつかなかったからとりあえずここを目指した。 言わずと知れた自殺の名所である。 確かに落ちたら痛そうなんだけど、ここが自殺の名所として名を轟かせるのは火サスの…

ワンダーランド。

前回の日記で不思議な国に迷い込んだってところまで書いたと思う。 なんかもったいぶる様な終わり方で申し訳ないなと思ったんだけど、理由があった。記事を書いたものの手違いで写真が手元になかったのだ。 ただそれだけ。 さてさて何が不思議な国で何が最大…

旅というもの。

自分は旅が好きだと思う。 かと言ってインドに行って人生観が変わったぜ。とかそういうのではない。 そんな放浪する時間も無ければお金もない。 でも行ったことのない地へ行って、その場の空気を肌で感じたり、そこの街の人と会話したり、写真を撮ったりする…

山の要塞。

昨日の続き。 滋賀から一直線に向かった場所。 林道から突如姿を現したのは写真のような要塞だ。 ここがどういう経緯でこういう事になっているのか分からないが、旅の経路にこんなものがあっては立ち寄らない訳にはいかない。 ここがその要塞の麓。 大きめの…

はじまりのはじまり。

時を少しさかのぼること5月2日、目が冷めるとこんな景色が目の前に広がっていた。 驚くくらい何もない景色。ここから旅が始まった。 二日分の着替えをリュックにしこみ、仕事を最後までやりとげた一日前の5月1日。そのまま新幹線に飛び乗り、たどり着いたの…

電車内での暇つぶし。

ちょうど一年前の今頃。岩手県のマルカンデパートという商業施設が閉店した。そこには多くのファンがいて、その閉店を惜しんだ。 去年のゴールデンウィークはそんな理由から岩手に向かう。 愛のあるデパートの終わりが見たくて。 終わりの近いこのデパートは…

四万温泉。

以前スマホゲームが流行り始めて、今ほどゲームのクオリティや種類も多くなかった頃、ぐんまのやぼうというゲームがあった。 自分は群馬県人でもなければゆかりも特にないけれど、なぜかこのゲームを制覇した。 そう、群馬という県が好きなのである。 北海道…

日光に行ってきた。

友達から誘いをうけて日光に行ってきた。 東照宮が綺麗になったからという理由。 いつぶりだろう。でも正直なところ、そんなにワクワクしなかった。 何度と足を運んだ地、どんなにピカピカになろうとも最初の感動は得られないものだ。 それは仕方ない。 そん…

兼六園、撮り散らかし。

例のごとく、過去写真を整理中に発掘した、過去(今年の年始)の撮り散らかし。 今日は終日出かけていたので、やっつけ感満載な更新。 一応本日中に間に合った。 兼六園と言っておきながら、のっけからここは兼六園じゃない。 金沢城で元旦に見た桜。 以下、…

途絶えた日。

ブログ継続日数123日。 うっかり途絶えてしまった。 終わる時というものはいつも些細な理由です。 写真は新潟のどこか。

静かな波の内際で。PENTAX K-1 スナップ

場所は茨城県の端に位置する神栖市。 人の少ない静かな遠浅の海は抜けが広くて心地よい。 実はこの写真、上記の記事最後の写真を再現像したもの。 これね。 たった二ヶ月でここまで好みが変わるものなのか。 いいや、違う。枚数が多いと一枚に対し向き合う時…

粛々と。

北海道で暮らしていた時、朝の目覚めで窓の外を見なくても、雪が降っている事に気づくという感覚があった。 うまく説明出来ないけど、そういう朝は静寂に包まれている。 その静けさで雪が降ったのだと気づくのである。 ちゃんと科学的根拠もあって、空気中を…

牛久さん。

今日は出先から携帯で更新。 三連休なんだけど、遠方に行きそびれ家で料理でも決め込もうと、上野に食材探し。 に向かう途中浅草をブラブラして、今ここ。 写真は廃屋帰りの車内から。 牛久さんのポートレート。

鹿島海軍航空隊跡地。

廃屋ツアーラスト。 鹿島海軍航空隊跡地。 どこから入っていいかも分からず、わざわざ離れた所から来て、遠くから眺めるだけだったこの場所。 じゃー不発だったのかと聞かれると、そんなことはなくアタリ。 凄く素敵な場所だった。 むしろこの距離感がいいの…

改めまして、Bマンション。

満を持していざBマンションへ。 改めてそびえるその姿にワクワクが止まらない。 けど、多くも語りません。巻きで行きます。 好き勝手感じ取ってください。 ここが入り口。 なかなかフォトジェニックな雰囲気満載なんだけど、 マンションという作りの特性から…

Bマンション、その前に。

善光寺の後に向かったのはBマンション。 前回同様、全てのルートはアムロさんに記してもらったルート。 写真の奥に止まってる車が今回の旅の足。 で、何か気になりませんかね? とりあえず目的地のBマンションへの侵入ルートを見つけ、進む。 振り向く。 。…

善光寺アザーカット。

仕事、自分のペースが戻ってきました。 次に善光寺としてアップする予定も特になかったので、アザーカットとしてアップ。 善光寺、捉えるのが本当に難しいと思った。構図もそうなんだけどシチュエーションも。木漏れ日が落ちる程の太陽が出ていて、建造物の…

善光寺。

危ない。今日という日が終わる所だった。 いつもお世話になってるアムロさんに教えてもらった善光寺を含む、廃屋ツアー第1発目。善光寺。 何がどうなっちゃったらこうなってしまったのか全然分からないけど、とうとうご対面しました。目的地に向かう途中、我…

茨城行ってきた。

完全に影響によるものだけど、アムロさんのブログで知り、茨城廃屋ツアーに出かけてきた。 鹿島海軍航空隊跡地に限っては入り方が分からず外観のみだったけど、それでもしばらくは見とれていた。 写真は途中トイレで寄ったファミマ。 今日は今日で、ライブに…

PENTAX K1 ×下田 撮り散らかし。

疲れのせいだろうか。コメントを書き忘れていた 汗 久しぶりの撮り散らかし。下田の街。

修行終了。

先週に引き続き、今朝も仕事で夜明け前から洞窟に篭っていた。普段朝起きるのが苦手で、早く起きるという行為を極力避けて生きていたので、こういった仕事は非常に堪える。場所は静岡県下田市にある龍洞窟という所。洞窟の穴の面がほぼ真南を向いているこの…

河津。

この間の河津に行った時の別写真。 河津に出向き桜を背にして、桜よりもこのよく分からない写真ばかりを撮っていた自分は、やっぱり大衆寄りではないんだと思う。 桜としっかり正面から向き合えない自分がいる。 今日はフィルムカメラを持ち出した。曇天の雲…

逆さ。

連週静岡に行っているおかげで、 お腹いっぱいなくらい富士山を堪能している。 それでも富士山は目に入る度に感動するし、どこにいても探してしまう。 この季節だと東京の我が町でも富士山が見えるんだけど、 少しずつ暖かくなる今の季節。そろそろ見納めな…

下田。

昨日も書いたけど、龍宮窟というところにロケハンで行ってきた。仕事終えてから夜の11時半に下田入りし、朝の5時半からずっと洞窟に篭るという中々の苦行。おかげで朝の光の雰囲気も見ることが出来た。 でも来週の本チャンが憂鬱… ディレクションという仕事…

ケチる。

フィルムの初動をケチるとこうなる。 36枚撮りで38枚とか撮れると嬉しいけど、撮れる前提で撮ると、悲しみの方が大きい。 今日は仕事のロケハンで伊豆に行ってきた。今月3度目の静岡にうんざりしてるんだけど、来週が本撮影。もうお腹いっぱいです。

河津桜。

三保の松原の帰りに、河津桜も撮ってみた。

三保の松原。

三保の松原に行ってきた。 なのに三保の松原的写真は撮らなかった自分。 高速が通行止めになっていたおかげで、 着いた時もう日が落ちていたんだよね。

夢に向かって駆け抜ける。

カッコいい響きだよね。 昨日に続き、いや昨日以上にそんな内容じゃありません。 本来夢に向かってっていうと、自分のやりたいことや目標に対してひた走るような意味だけど、俺のいう夢に向かってというのは、いつか瀬戸大橋走り抜けたいなーっていう夢を実…

自分の過去を見つめ直す。

なんか過去を見つめ直すとかいうワードを使うとちょっと重たい感じがするんだけど、そんな内容の話でもありません。 俺、自分の撮った写真によく飽きるの。特に現像。その時気に入ってた写真もしばらくすると飽きている。いいと思ってた現像も早ければ次の日…

富士サファリパーク その2。

昨日に続く富士サファリパーク。 今日アップするのは普通に撮ってた写真。 誰かがサファリパークの中で富士山が視界に入るのはここだけだって当たり前の事を言っていたんだけど、確かになって納得した。 窓の開けられない社内からの撮影なので、時々反射が写…

富士サファリパーク その1。

今日は先週末行ってきた富士サファリパークの写真。 2日連続でいきます。 その中で今日は動物ってなんか愛らしいなっていう方向を。 四足動物が股に木を挟み込んでいる図。 こいつライオンです。彼ら木に登るんだね。 これ、こんな感じで奴らはよく木に登る…

山中湖。

昨日も富士山の写真だったんだけど、週末富士山を半周してきた。 目的はサファリパークだったんだけどそれはまた別の機会に。

佐原と車。

車は所有していないしあまり関心もないんだけど、この佐原に止まっていたオープンカーにはすごく目を引いた。 持ち主はなんか素敵なお姉さま。レンタカーでこの地に訪れた俺と比べたらなんか色々と雲泥の差だ。

小江戸、佐原。

先週末の茨城の帰り道、前々から気になっていた佐原という町に立ち寄った。 有名なのかどうなのか分からないけど、川越に並ぶ小江戸的な町。 川にはいい感じの小舟が並ぶ。 知名度的に全然期待していなかったんだけど、自分的には想像していた以上にいいとこ…

風車撮り散らかし。

先日走ったドライブ先の本当の目的はこっち。 それなりに有名な場所だし、知ってる人は知っていると思う。 元々巨大建造物が好きな自分としてはとてもときめく場所だった。 場所は茨城県神栖市波崎の海岸。 とはいえ同じようなものばかり写っているものを何…

忘れかけてた金沢21世紀美術館編。

今日の写真アップちょっと忘れかけていた。。 21世紀美術館の写真、撮りがいがあり、枚数も多いため単独でアップしてみます。 美術館というだけあってすごく写真を撮るのに魅力的な場所だった。 ただ最後のカラフルなガラスの写真。これだけで一億円かかって…

金沢三日目。

金沢の三日目です。 どこだか忘れたお寺からスタートし、21世紀美術館、近江町市場から帰路まで。 尾山神社っていうのかな? そう写真に書いてあるし。ステンドグラスを用いた神社ってことであまり期待してなかったんだけどすごく趣のある神社だった。 この…

金沢二日目。

いつまでも金沢の写真アップしててもって思いもあって巻いてます。 金沢長町武家屋敷跡からの兼六園。 次ラスト。

金沢初日その2。

昨日の続き。 仕事に没頭してたら忘れるところだった。 あぶないあぶない。 いや、危ないことはないんだけどね、個人的に連日投稿頑張っているので 笑 ひがし茶屋街の続きからどーぞ。 景観は似たり寄ったりなので少なめです。 店主が見当たらなかった米屋。…