読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々撮り散らかし。

日々撮り散らかし、日々更新し散らかします。使用カメラはPENTAX K-1。写真は雑食、スナップ・風景・ポートレート等まさに撮り散らかしです。

ラドリオとミロンガ。

先日の仕事終わり友人とご飯を食べた。

友人とうちの職場の中間地点神保町で。

 

 

神保町と言えばまず先にイメージするのは古書とカレー。

イメージ通り、書店とカレー屋は多く目にするんだけど、

実際はスポーツ用品店も多ければ、もしかしたら純喫茶も多いのかもしれない。

よく考えると古書の街、喫茶店が多くあるのは当然なのかもしれない。

 

そんな神保町の事を3月22日の記事で書いた。


純喫茶古瀬戸珈琲店。

 

 

話を戻すと、そんな神保町でご飯を食べお茶をするべく夜の街を徘徊した。

 

 

f:id:hibi-mae:20170501110606j:plain

f:id:hibi-mae:20170501110556j:plain

表通りを避け歩いていると裏通りで色気のある路地を発見した。

そこは趣のある店が立ち並ぶ。

 

そう、今日のタイトル、ラドリオとミロンガ。(サッと撮った写真にその雰囲気を乗せれなかったのが残念。。。)

 

どちらも純喫茶だ。

※正確にいうとお酒を扱うこのお店は純喫茶ではないのかもしれない。

 

悩んだあげくラドリオの方に入ってみた。

古風でレンガ造りの昭和モダンという言葉がぴったりのお店だ。

 

【ラドリオ】

f:id:hibi-mae:20170501110630j:plain

f:id:hibi-mae:20170501114651j:plain

そして店内はザ・昭和を連想させる想像通りのものだった。

平日の夜にも関わらず、多くのファンで賑わっていた。

どうやらここは夜になるとバータイムがスタートし、大人のための空間になるようだ。

 

 

 

 更に週末、改めてミロンガの方を訪れる。

気になると行動したくて仕方がない性分なのだ。

 

【ミロンガ ヌォーバ】 

f:id:hibi-mae:20170501110656j:plain

入り口でアルゼンチンタンゴの独特な音色が流れていて、懐かしい時代にタイムスリップしたかの様に錯覚させる。

 

 

f:id:hibi-mae:20170501110711j:plain

 

 

f:id:hibi-mae:20170501110755j:plain

その音色は当然店内にも流れ、耳を澄ますとアナログ・レコード特有のノイズがとても心地よく、凄く特別な空間に身を置いた気になる。

 

f:id:hibi-mae:20170501110803j:plain

f:id:hibi-mae:20170501110816j:plain

どこか時代に取り残された様な店内は他店にはない絶対的なものがあった。

 

 

終始途切れないお客のせいか、それとも自分の気の持ちようか、どちらの店もまともな写真を残していなかったのが悔やまれる。

 

それでもこの神保町という街、まだまだ掘り起こせば面白いものがたくさん出てきそうだ。気になった方はぜひ訪れてみてほしい。