読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々撮り散らかし。

日々撮り散らかし、日々更新し散らかします。使用カメラはPENTAX K-1。写真は雑食、スナップ・風景・ポートレート等まさに撮り散らかしです。

散財。

身の回りの事 SNAP

f:id:hibi-mae:20161222155022j:plain

そう。昨日さらっとiPadを購入したって書いたんだけど、思い起こせば今年の年末は、iMac、iPhone7(これは言ってないけど)、iPodとアップル製品を買いまくった感がある。とはいえ3つだけど。

 

さて、そんなiPad、衝動で買ったわりには凄くいい。

 

まず前回書いた雑誌読み放題サービスがいい。

普段なら購入はおろか、立ち止まってちら見もしないであろう本が気軽に読めるのだ。それにより、たった2日の家に居る数時間で明らかに情報収集に広がりを感じさせた。

 プロダクトに対する記事、街の流れ、さらには今まで読んでこなかったカメラや写真に対する情報までも。常に新刊200冊を持ち歩き、好き勝手読み漁れるという環境なのだから(そういうサービスなんだから当たり前なんだけど)。そして最近よく感じるネットでのトピックス的な内容の薄い記事とは違い、雑誌の内容は凄く濃い。

 

次に自分の写真のポートフォリオとして使える。

iPhoneでもいいんだけど、画面が大きいだけに一眼で撮っているという恩恵はその分でかい。撮った写真を整理しようという気持ちになる。

 

街で発砲事件が起きたとして、流れ弾が飛んできたら守ってくれるかもしれないというのも利点だ。

というのは冗談だけど、家のMacとケータイとでクラウドでリンクされているのだから今後もっと活用していこうと思う。

 

それと27inch iMac 5K displayの事も少し。

今まで使っていたMacの新しいバージョンへの買い替えというだけの事なので、画面が綺麗になって速度が早くなるくらいというのが、足りない頭で想像できた範囲なんだけど、CPUをアップグレードして、フラッシュストレージに変えたそのMacの速度がやばい。そして画面の綺麗さがやばい。

 

速度に関してはRAW現像をやってると如実に実感する。

普段からデザインの仕事をしていてるのでグラフィックソフトは常に使うんだけど、その中でもRAW現像というのは非常に重い類。それに対する恩恵は莫大だ。

5K displayに対しても世の中が少しずつ4Kテレビに移行している中、それを飛び越えて5Kなのだからそりゃ綺麗だ。ってのは想像していた範囲なんだけど、自分が撮った写真(特に細かいもの)を見た時に本気で驚いた。写真の善し悪しは別としてうっとり見とれる事が出来る。

そういう例をここにUPして見てもらおうにも見る側及びこのブログの画質が対応してないのが残念でしかたない。

 

今年もそろそろ終わるけど、今日の帰りがけに新しい鞄を買って、今年の散財を終わりにしようと思う。

 

※最初の写真は岩手県で撮ったもの。ここの製品も凄くいいよ。