日々撮り散らかし。

日々撮り散らかし、日々更新し散らかします。使用カメラはPENTAX K-1。写真は雑食、スナップ・風景・ポートレート等まさに撮り散らかし。

ちょっと嬉しい。

f:id:hibi-mae:20170729122611j:image

『早帰り』

 

 

昨日のあの写真、相当狭いターゲットだと思ってたんだけど、反応があってちょっと嬉しい。

 

そして改めて写真って難しいと思う。

ざわめく。

f:id:hibi-mae:20170728132339j:plain

一瞬を切り取ったこの写真、周りにどう受け止められようと結構好きだ。

いつもは感覚ながらも構図的に写真を撮っているけど、こういうのこそスナップショットだなーなんてね。

避暑地。

35度を超えたある日、この地に訪れた。

 

栃木県にある大谷資料館。

そんな猛暑でもここは驚くほど気温が低い。

おそらく温度差は20度以上。

 

避暑としても、見学としても、写真を撮るとしても中々いい場所。

 

f:id:hibi-mae:20170727184022j:plain

 

 

 

f:id:hibi-mae:20170727184126j:plain

 

 

 

f:id:hibi-mae:20170727184303j:plain

 

 

 

f:id:hibi-mae:20170727184411j:plain

 

 

 

f:id:hibi-mae:20170727184421j:plain

 

 

 

f:id:hibi-mae:20170727184507j:plain

 

 

 

f:id:hibi-mae:20170727184701j:plain

 

 

 

f:id:hibi-mae:20170727184952j:plain

横浜から見た別の海。

横浜で海といえば、山下公園や大桟橋から見ることが多い。

違う角度から見た海はどんな表情なのだろうかと、少しバイクを走らせた。

 

f:id:hibi-mae:20170726232140j:plain

たどり着いたのはヨットハーバー。

ヨットハーバーってなんか好き。見た目もいいんだけど、風が吹くとあちこちでヨットから伸びるポールが揺れて何とも心地よい金属音が鳴り響く。

 

 

f:id:hibi-mae:20170726232049j:plain

もう少し走らせると対岸に工場地帯が見えた。

工場は遠目に見ても雰囲気があっていい。

 

 

f:id:hibi-mae:20170726232700j:plain

f:id:hibi-mae:20170726232732j:plain

少し外れにあった釣り船屋。

青白のなんともたまらない建物に目が引いた。

この手の建物の良さってどう表現したらいいものか。

 

とにかくツボだ。

 

昨日に続き横浜の事。

f:id:hibi-mae:20170725125106j:plain

 

横浜と言えばみなとみらいや中華街、馬車道、赤レンガ倉庫、山手西洋館等観光するのに困らないほど見どころ盛りだくさんな場所。

 

きっと人気観光地としても上位なのではないだろうか。電車移動なくとも回れるのも良さである。

 

 

f:id:hibi-mae:20170725135623j:plain

 

 

けど、その賑やかしい上っ面の裏には、たっぷりと闇が渦巻いている。

例えば昨日写真でアップした川は黄金町沿い。

過去には近寄っては行けないとまで言われた場所で、戦後から不法滞在者が身を寄せ、麻薬、売春が蔓延る場所と化す。

 

 

f:id:hibi-mae:20170725135654j:plain

 

2004年、横浜開港150周年に向け、大規模な撲滅運動が勃発。県警機動隊が大型バス10台で来襲し、一斉摘発。その後警官が24時間体制でパトロールを続け近年ようやく激減。それでも去年ここの町議が覚せい剤で逮捕される等相当に根深い。

 

ちょうど撲滅運動が起こった時期、興味本位で見に行った事がある。警官が24時間体制でのパトロールどころか、6人体制、2班に分かれずっとぐるぐると見回っていて、建物の中では怯えた不法滞在者の影だけを感じ、凄く異様な光景だった。

 

 

f:id:hibi-mae:20170725135731j:plain

 

そんな場所は一例なんだけど、そういった影があちこちにあるのだ。

ただ、だから否定するっていう訳ではなくて、港町として今の日本の礎となったからこその光と影のある街。鉄道だって、鉄筋コンクリートビルだって、ビールだって、警察署だって、電話だって全て横浜が発祥の地。そして自分らが楽しんでいる写真もそうだ。

 

 

f:id:hibi-mae:20170725135802j:plain

 

 

きれいなものだけに目を向けるのではなく、そんな両面を知ってこそ面白いものが見えてくるんじゃないかって思う。

 

そしてちょいちょい差し込まれている今日の写真。

横浜とも、話の内容とも全く沿ってないように思えるが、これも1866年根岸に幕府によって作られた横浜にある日本最初の競馬場だ。

 

廃屋としていつまで残っているか分からないこの建物は、根岸森林公園というなんとものどかな場所にそびえているくせに反対側は米軍基地と隣接。接収解除がされず一般人が立ち入れない空間となっている。

 

それも含めて横浜らしさ。いつか壊れてなくならないうちに一度行ってみる価値はあるかも。

横浜という街。

週末、急に中華が食べたくなり横浜までバイクを走らせた。

片道30kmの距離は、急に思い立っても遠さを感じさせず丁度いい。

ただ行く度に思うんだけど、どの店が美味しいのか分からず、いつも無難な食べ放題とかで無駄に腹を苦しめる。。

 

f:id:hibi-mae:20170724115835j:plain

最近になって改めて思うんだけど、横浜という街の建造物が面白い。

港町特有の西洋文化もそうなんだけど、発展のタイミングなんだろうか?80年代っぽいちょっとクセのある建造物が多い。

 

 

f:id:hibi-mae:20170724123938j:plain

どことなく塩の匂いを感じながら、バイクを走らせる。

写真はノールックで通過時に撮ったもの。

この鉄骨の橋も、東京にありそうでない。

 

 

 

f:id:hibi-mae:20170724124146j:plain

ここは昔立ちんぼが多く点在していた場所。

当時を多少なりと知っているおかげかなんか感慨深いものがあるものの、初見の人は特に何も感じないだろう。

 

あちこちで気になるものを見かけるもバイクだからという理由で結構素通りした。

かといって歩いたら結構な範囲なんだろう。改めて来ようと思うもそこが悩みどころ。

闇の深い街横浜(勝手なイメージもあるけど)。もっと掘り下げたい。

いや、むしろちょっと住みたいとすら思った。

多くの歴史を重ねた街はそれだけ色々な表情があっていい。

おかげさまで読者数300人。

日々撮り散らかしというなんの取り留めもない散らかしブログを始め、いつの間にか1年を有に超えてました。節目の1年というタイミングで何かしら記事にでもしようかと思いつつも、どこがその節目だったかよく分からない始末。(遡ればきっと分かるけど)

それが当ブログのクオリティ。

 

 

f:id:hibi-mae:20170721144227j:plain

『疾走』

 

 

そのクオリティこそが、始めた当初から上がりも下がりもしない変わらないもの。そんな低クオリティな当ブログにも300人の読者がついてくれた。これは本当ありがたい数字で、おそらくすでに稼働していない読者さんも結構居るんだろうけど、それでもちょっと気になった瞬間があって、読者登録してくれたという事実は本当励みになる。

 

 

f:id:hibi-mae:20170721145123j:plain

『日常の中』

 

 

ちょっと調べてみると現段階でのブログ日数は405日(1年とか結構前に過ぎていた)、記事数530(日数と合わない)、継続期間3日(最近は週末休みがち)、というなんとも誇れないデータが出た。

とにかく写真だけは撮っているようで総アップ数は1773枚(フォトライフ調べ)。

 

 

f:id:hibi-mae:20170721145602j:plain

『フィルムっぽい影』

 

 

数字だけみると本当に散らかしてるなーと思うし、現像してない写真もまだまだ山のようにあって、逆に他人事のように客観的に見返す事すらある。まぁ、大抵はゴミのような写真だろうけど。

 

 

f:id:hibi-mae:20170721151309j:plain

『パズル』

 

 

このブログを始めた事によって、以前より写真を撮る事は増えたように思う。元々カメラは常に持ち歩いているし、スタンス自体は変わらないんだけど、アウトプットをするという決まり事を課せた事はいい方向に作用している。

 

 

f:id:hibi-mae:20170721152325j:plain

『置き去り』

 

 

その反面、1枚に対する重みはどうなのかと自分に問うこともある。

本当は自分の中での渾身の1枚だけを表舞台に立たせたいものだけど、そういう訳にはいかない。そんな量産出来るものでもないので。むしろ正解のないものなので、渾身ってなーに?みたいな事にもなるし、今好きなものが後々好きではなくなることも多々あって、1773枚+今日の分の中でそんな良い写真は何枚あるのかと聞かれると、自分の中で好きであり続けられているものは30枚もないんじゃないかと思う。

 

 

f:id:hibi-mae:20170721153018j:plain

『キイロ』

 

 

でもブログを続けることにより、自分が切り取った景色と改めて向き合い、最近ようやく見えてきたものもある。カメラ歴4〜5年になるけど、そんな事を感じるのはようやくだ。それが何みたいな事はあえて言わないけどね。

 

 

f:id:hibi-mae:20170721155028j:plain

 

『ZOO』

 

 

今後もきっと試行錯誤を繰り返しながら写真を撮り続けて行くんだと思う。そんな迷いや変化も合わせて当ブログの観賞の仕方として、今後も気が向いた時また見に来てください。

 

 

mae

撮り鉄と化した時。

いきなりだけど、正直鉄道写真には興味はない。

どの鉄道にも想い入れも無ければ、名残惜しさもなければ、

その車両の珍しさなんて俺には分からない。

 

 

f:id:hibi-mae:20170720105734j:plain

 

 

 

f:id:hibi-mae:20170720105748j:plain

 

週末の連休あちらこちらで線路に向かってポジションをとっている人たちを見て、何か珍しいものでも通るかななんて思いながらその地をスルーしてたんだけど、バイクで走っていたら思いっきり汽笛が。

撮り鉄から言わせたらこんな場所で撮る写真はどうのこうのあるのかもしれないけど、目の前をSL通過したらそりゃ撮るよね。

 

SLとか船とかの汽笛ってなんかいい。

梅雨、明けました!

って、もうとうに明けてたじゃろが!!

 

ってくらい連日暑いけど、今日は昨日までよりは少しだけ涼しめ。

 

f:id:hibi-mae:20170718114648j:plain

 

 

 

f:id:hibi-mae:20170718114728j:plain

 

 

 

f:id:hibi-mae:20170718114940j:plain

 

 

 

f:id:hibi-mae:20170718115011j:plain

 

近年の梅雨明けはなんか素人観測よりも遅いと感じるけど、

まぁいいよ。正真正銘の夏が始まりました。

 

写真は下北沢スナップ。

 

海の日なんだけど、海から離れてしまった件。

なんか連休を挟み、ちょっと久しぶりの更新な気がするんだけど、暑さに溶けていませんか?今年は本当暑そうで、写真を撮る人達はきっとゲンナリしてるんじゃないかと。

 

f:id:hibi-mae:20170718120407j:plain

 

そんな自分は海の日の連休=夏、みたいな感覚でバイクで海に旅に出ようなんて思ってたんだけど、そんな想いはギリギリだと宿もとれずで簡単に打ち砕かれた。

 

仕方がないから、夏だけど旅=温泉の思考に切り替え山に向かってバイクを走らせた。

写真こそさほど撮ってはいないけど、結果それなりに楽しめたと思う。

 

 

f:id:hibi-mae:20170718120440j:plain

 

 

 

f:id:hibi-mae:20170718120518j:plain

 

 

 

f:id:hibi-mae:20170718120546j:plain

 

そういえば梅雨は明けたんだろうか?

もう連日夏日どころか猛暑だけど。

 

旅で撮った写真はまた改めてアップしようと思う。

しかしちょっと足を伸ばすと、日本は廃屋ばかりだ。