日々撮り散らかし。

日々撮り散らかし、日々更新し散らかします。使用カメラはPENTAX K-1。写真は雑食、スナップ・風景・ポートレート等まさに撮り散らかし。

早起き。

f:id:hibi-mae:20170311072714j:plain

PENTAX MX lomo negative 100

 

休日になるとそわそわして必要以上に早起きしてしまう自分。

今日はこれから廃屋探しに茨城まで行ってまいります。

谷中、半壊家屋に猫が舞う。PENTAX K-1 スナップ

先日湯島で梅を撮った後、谷中の方に流れていった。

 

谷中と言えば都内で下町風情を感じられる、ちょっとした人気スポット。

 

だけども当ブログではその部分は語りません。

気になる方はこちらでも見てください。

 


話は戻るけど、谷中のとある場所で半壊した家屋を見つけた。

夕焼けだんだんと呼ばれる谷中階段のすぐそば。

 

 

f:id:hibi-mae:20170310104111j:plain

ほぼ全壊した家屋と、半壊家屋が連なる。

 

f:id:hibi-mae:20170310104142j:plain

覆っている植物すら枯れ、更に怪しさを増幅させる。

夏だと緑で覆われるのだろうか。だとしたら見てみたい。

 

f:id:hibi-mae:20170310104243j:plain

 

f:id:hibi-mae:20170310104202j:plain

何がどういう状況なのかさっぱりわからないけど、工事による解体ではなさそうだ。

 

 

f:id:hibi-mae:20170310104220j:plain

こちら、半壊家屋から見上げれる上に続く階段。

暗がりから差し込む光にそそられる。

 

 

f:id:hibi-mae:20170310104312j:plain

と思ったら野良猫が通過した。

暗がりによる低速シャッターで追うも、ピントが合わなかった。

 

 

 

夕陽が綺麗だと観光地化している夕焼けだんだんと呼ばれる階段の数10メートル先にあって、人の賑わいと相反し、こんな場所が存在する谷中。違う角度からの散策ももっと楽しめそうだ。

 

 

f:id:hibi-mae:20170310120237j:plain

最後の撮影場所:夕焼けだんだん。 FA31mm F1.8 Limited F2.5

みんなの入り口。PENTAX K-1 スナップ

なんとか荘とか、そんな名前がついていそうな共同住宅的な入り口。

 

一度でいいからこういう所に住んでみたかったり。

f:id:hibi-mae:20170309210939j:plain

PENTAX FA31mm F1.8 Limited F2.5

 

長くは無理だけど。

もし住むような機会があれば、こっそり住んでる人一人ずつにあだ名をつけたい。

上野恩賜公園。

上野恩賜(おんし)公園。

え、読める? 俺は読めなかったよ。

 

f:id:hibi-mae:20170309121013j:plain

PENTAX FA31mm F1.8 Limited F5.6

 

f:id:hibi-mae:20170309121019j:plain

PENTAX FA31mm F1.8 Limited F1.8

 

東京って地方に住んでる時はごみごみしてて空気がグレーでっていうネガティブなイメージあったけど、公園も緑もそしてその面積も相当なもんだと思う。

 

 

そのイメージの変化が都の努力によってのものなのか、思い込みだったのかはわからないけどね。

廃缶。PENTAX K-1 スナップ

落ちてる缶なんてどれも廃棄物なんだろうけどさ、よくもまぁ、こんなに朽ちるまで誰にも拾われなかったもんだ。

 

f:id:hibi-mae:20170308232511j:plain

PENTAX FA31mm F1.8 Limited  F2.2

 

今ではあまり見かけなくなったスチール缶。ロングだったらもっとレアだったのに。

梅を撮る。

花の写真を撮るというのは自分の柄ではないなんて思っているんだけど、実はわりと撮ってここにアップしていることも多い。 別に縛りがあるわけでもなければ何でも撮れるに越したことはないから。

 

ただあまり撮らない理由は、何度撮ってもさほど代わり映えがないというか、想像の範疇を超えない故に気が進まないからだ。

撮ってみてやっぱりこうなったよね。みたいな事が多々ある。

なのでやれ梅の季節だ、サクラの季節だと心を弾ませてカメラを持って出かけることはない。

 

それでもありがたい話で、たまにカメラ仲間から花を撮りに行きましょう、なんてお誘いを受け出かけたりする。そういう場合は色々刺激がもらえるかもしれないしと極力出かけるようにしている。

 

先日もそんなお誘いから湯島まで梅を撮りに行ってきた。

とはいえ梅が撮りたかった訳でもないので、梅に対してシャッターを切ったのは二回。

 

それが今日アップする写真。

 

f:id:hibi-mae:20170308121735j:plain

 

f:id:hibi-mae:20170308121754j:plain

普通のシーンでどうやったらありがち感を無くせるのかなーなんて思いながら。

 

 

 

f:id:hibi-mae:20170308123303j:plain

f:id:hibi-mae:20170308123216j:plain

f:id:hibi-mae:20170308123339j:plain

でも結局はその付近の町写真に楽しみを覚えたりするんだけども。

淀んだ曇り空の下で。

別に何か撮りたくて歩いていた訳でもないんだけど、あっと思った時に写真を撮るってのが自分のスタイルなので、常にカバンの中にカメラをぶち込んでいる自分は、今日もそんな感じで数枚シャッターを切った。

 

f:id:hibi-mae:20170307184949j:plain

 

何を思ってシャッターを切ったかというと、昼下がりの環七に面した脇道の角で、随分ゴミが散らかっていて、そこに気にもかけずチャリを止めている絵。

ごみ収集の日がいつかは分からないけど、東京都なら昼にはもう回収されているだろうし、翌日分だとしたら随分と気が早い。

 

そこに躊躇いもなくチャリを止めたのか、それともチャリが先にあったのか。

なんて思いながら写真を撮ったんだけど、こういう撮影者の意図っていうのは見た人に伝わっているのかどうか分からない。

 

f:id:hibi-mae:20170307185048j:plain

 

そんな事を考えていたら、違う形でゴミを回収しに来た人がいた。

よくもまぁ、ひと目も気にせず。いわゆるホームレスな方なんだろうけど、社会と共存する事を諦めたわりには生きることにはストイックだ。

 

f:id:hibi-mae:20170307185442j:plain

 

なんて事を思いながら環七をまたぐ歩道橋から一枚。

渡って中央線沿いにつながるバスを待つ。

 

 

f:id:hibi-mae:20170307185654j:plain

バスに乗り空いてる席を見つけ座ると、自分の傘の柄からドラえもんが微笑んでいた。

ちょっと恥ずかしいイタズラをされたみたいだけど、いい目印だなと思いながら会社に戻った。

 

そんな今日。

ロケハン。

昨日のスノーボードで引きつった体にムチを打ち、今日はロケハンに回ってきた。

思いの外全身バキバキではないなという感想もありつつ、あちこち軋む筋肉を動かすのが辛い。

 

そんな中回ってきた今日のハウススタジオ。

もろ好みでロケ地を選んだというのもあるんだけど、もともと撮影するために用意されているだけあって、色んな所が絵になる。

 

f:id:hibi-mae:20170306154735j:plain

 

f:id:hibi-mae:20170306155537j:plain

 

とはいえ、趣味の範疇で撮るにはとてもお高い。

クライアントさまさまである。

体は痛いんだけど、少しだけテンションがあがった。

東京マラソン。

f:id:hibi-mae:20170305224114j:image

撮った写真を改めてみると、いや改めなくてもホント驚いたんだけど、密度がヤバイ。

是非とも拡大して奥の方も見て欲しい。

 

それなりの経済効果もあるみたいだけど、マラソン後の参加者による生産性の低下も結構なものらしいね。

 

今スノボ帰り。帰りの時間が思ってた以上に長くて泣きそうです。

家の前スナップ。

本日スノボの為、これは予約投稿です。

 

昨日(今帰りだから正確には今日というかナウ)フィルムカメラ持ち出したんだけど3枚しかとらなかった。デジタルでは少しとったけど。

だから現像はもうしばらく先の話。

 

なので写真は全く関係ない先日の家の前の写真と家のマンションの階段の写真。

 

f:id:hibi-mae:20170304222350j:image

 

f:id:hibi-mae:20170304222400j:image

 

スノボ、久しぶりです。久しぶりすぎてすっ転んでカメラ壊したりするのもアレなので、久しぶりに持って行きません。

 

でもぶっ壊れてもいいようなカメラ、写ルンですを持って行ってます。

何か撮れるかな?